日本人が「パスタ ≠ スパゲッティ」と知ったのはいつから? 都内買い占め騒動を契機に考える

現在ではよく知られた、パスタとスパゲッティの違い。それが広まったのはいつごろだったのでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


災害ニーズが高いパスタ

 新型コロナウイルス感染拡大で、東京のスーパーマーケットでは買いだめに走る多くの人の姿が見られました。

 2019年の台風時も基本的には同じで、こうしたときにスーパーマーケットからまず消えるのはインスタントラーメンとパスタです。棚からパスタとパスタソースがごっそりと消えている光景は、ある意味圧巻と言えます。

パスタのひとつあるリガトーニにミートソースかけたもの(画像:写真AC)

 パスタを買う多くの人は、手間が掛からずかつ保存性が高いことを重要視しているためか、パスタソースは消えているのに、ソースの原材料はまったく売れていないのも驚きです。

本場イタリア人びっくりの独自ぶり

 そのようなパスタですが、日本で独自の進化を遂げているのをご存じでしょうか。とりわけ東京では、「路スパ」「ロメスパ」と呼ばれる日本流にカスタマイズされた店舗をよく見かけます。いわゆる、「スパゲッティ屋」です。

 大半の店は太めの麺をゆで置きし、注文が入るとフライパンでジャーッと炒めています。ナポリタンしかり、「本場イタリアの人が見たら怒るんじゃないか」などとつい思ってしまいますが、これが非常においしいのです。デカ盛りで、小松菜がたっぷりと入ったしょうゆ味のスパゲッティなんて、もう最高です。

かつて「ジロー風スパゲティ」を提供していた東京大学本郷キャンパス(画像:(C)Google)

 話が少し脇道にそれますが、東京大学本郷キャンパス(文京区本郷)の食堂に一瞬登場して消えた「ジロー風スパゲティ」も一度食べたら忘れられない味でした。こちらも完全に日本流にカスタマイズされていました。

東京の昼飯時には行列も


【女性料理家102人に聞きました】市販のパスタソースを選ぶときにチェックすべきポイントは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200501_pasta_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_pasta_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_pasta_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_pasta_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_pasta_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_pasta_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_pasta_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200501_pasta_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画