五輪延期と新型コロナで大打撃 時間が止まった「お台場」は今

新型コロナ禍で都内の観光地を訪れる人たちは激減しています。そんななか、特に大きな影響を受けているのがお台場です。旅行ジャーナリストの内田宗治さんが現地を歩きました。


工事中のお台場海浜公園と潮風公園

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言で、都内の繁華街はどこも閑散としています。その中でも、特別に大きな影響を受けている地域があります。お台場です。

 お台場ならではのダメージは、2020年東京オリンピック関連です。

 お台場周辺はお台場海浜公園(港区台場1)でトライアスロン(マラソンスイミング)が、潮風公園(品川区東八潮)でビーチバレーが行われます。いずれも屋外競技で、競技スペースや観客席が設けられます。

 両公園はつながっていて、海沿いに端から端まで歩くと約3kmもの道のりになります。

 特にお台場海浜公園は浜辺でさまざまに過ごす人が多いのですが、オリンピック会場工事のために2019年12月から段階的に敷地を区切って、立ち入り禁止にしてきました。

お台場海浜公園の大半は工事で立ち入り禁止。2020年4月撮影(画像:内田宗治)

 この4月では水上バス乗り場付近を除いて、両公園のほぼ全域を閉鎖しての工事となっています(このほか青海アーバンスポーツパークが会場)。

他では味わえないお台場の魅力

 お台場にはいくつかの魅力があります。

 ひとつは、こうした海に面した公園です。お台場海浜公園には、浅草や日の出桟橋(港区海岸)からの水上バスも発着します。東京港をまたぐレインボーブリッジ越しに見る都心のビル群の眺めは、他では味わえないものといえるでしょう。

 もうひとつは、デックス東京ビーチ(同区台場1)、アクアシティお台場(同)などショッピングモールの存在です。

レインボーブリッジを見渡せるデックス東京ビーチ付近のデッキ。2020年4月撮影(画像:内田宗治)

 モールの中にはデッキや窓辺から港の眺めがいい飲食店や、東京ジョイポリス、レゴランド・ディスカバリー・センター東京など屋内型テーマパークなども入り、同地ならではの魅力が多くあります。

ほとんど見えない人影


中国人最新訪日意識調査:コロナ後も中国人の訪日意欲は旺盛! 日本は「行きたい国No.1」に

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200420_odaiba_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画