東大より難関? 謎多き国立「東京芸大」とはどのような大学なのか

上野公園のすぐ近くにある東京芸術大学。名前は知っていても、その中身は意外と知られていません。いったいどのような生徒が多いのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


美術学部の70%は浪人生も音楽学部は現役合格が多い

 国立大学の2次試験の出願が締め切られ、各大学の学部学科の倍率が確定しました。多くの大学では科目試験や小論文が2次試験に課せられる中、国立大学として日本で唯一の総合芸術大学である東京芸術大学(台東区上野公園。以下、東京芸大)では一部の学科を除き、実技試験のみが2次試験の主流となっています。

 東京芸大は絵画科などを擁する美術学部と、声楽科や器楽科などの音楽学部の2学部14学科と、三つの研究科のある大学院で構成されています。

東京芸術大学の正門付近の様子(画像:写真AC)

 そんな東京芸大は世間一般的に、

・浪人を覚悟の上で受験する
・美術学部は男子学生が多そう

というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。今回は謎多き国立大学である東京芸大に迫ります。

学生の男女比率は

 前述のように東京芸大は浪人生が多く、現役合格は至難の業というイメージがあります。しかし音楽学部は現役合格者の割合が高く、2019年度の入学者の80%が現役合格を果たしています。一方で美術学部は、2019年度の現役合格者が34.6%にとどまっています。

東京芸大の場所(画像:(C)Google)

 東京芸大と同様に合格が極めて難しく、また挑戦するのも限られた学生のみ――といった印象の東京大学理科三類の現役合格者は77%のため、美術学部の浪人生の割合の高さは目を引くものがあります。

 東京芸大の両学部は、芸術系学部として国内最高峰と位置づけられていますが、現役合格者の数では両極端な結果となっています。

 それでは、学生の男女比率はどうでしょうか。音楽学部は女子が多く、美術学部は男子が多い印象がありますが、2学部共に女子学生の割合が高くなっています。2019年度入学者をみると、美術学部と音楽部ともに約67%が女性です。

実技試験を最重要視


【歴史の重み】東京芸大の前身・東京音楽学校の面影を残す「奏楽堂」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200209_geidai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200209_geidai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200209_geidai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200209_geidai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200209_geidai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200209_geidai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200209_geidai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200209_geidai_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画