次回は特別編「わたナギ」 なぜ田所はメイを第2話で「西麻布」のバーに誘ったのか

大好評のうちに最終回を迎えたTBSテレビ系ドラマ「私の家政夫ナギサさん」。横浜が主な舞台の同作ですが、法政大学大学院教授の増淵敏之さんは、ほんの少しだけ登場した港区西麻布のバーに注目しました。その店がドラマに与えた影響とは?


「逃げ恥」をもしのぐ平均視聴率を記録

 TBSテレビ系ドラマ「私の家政夫ナギサさん」が2020年9月1日(火)で終わり、「ナギサさん」ロスも囁(ささや)かれています。それはやはり結果を出したテレビドラマならではの現象でしょう。

 最終回の視聴率も2016年10月期の「逃げるは恥だが役に立つ」の20.8%に次いでTBS系「火曜ドラマ」枠としては第2位の19.6%を記録、全話で視聴率ふた桁、平均でも15%を超え、「逃げるは恥だが役に立つ」の14.5%をしのぎました。

 TBSは今期の「半沢直樹」「MIU404」など、最近は絶好調のようです。もともと1970年代には「ドラマのTBS」と言われた時代もあり、本来の状況にようやく回帰したのかもしれません。

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」メインビジュアルのスクリーンショット(画像:TBSテレビ)

 さて「私の家政夫ナギサさん」は、多部未華子演じる製薬会社でMR(医療情報担当者)としてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイが、大森南朋演じる「おじさん家政夫」の鴫野ナギサや瀬戸康史演じるライバル会社のMRと出会い、自分の人生や幸せを考えるようになっていく日々を描いています。

 最終回では大団円という形で、メイとナギサは結婚します。家事の苦手なメイとしては最高のエンディングでもありました。

 このドラマのロケ地に注目してみると、メイの自宅は横浜市営地下鉄ブルーラインの仲町台(横浜市都筑区)という設定のせいなのか、横浜が多くのロケ地になっています。ただ筆者(増淵敏之。法政大学大学院教授)が着目したのは、第2話で、メイと田所が初めてふたりで行ったおしゃれなバーです。

 筆者もかつて何度か足を向けたことのあるバーでした。その店は「ウォッカトニック」(港区西麻布)といいます。

しゃれたバーなら西麻布だった時代


【画像】9月8日放送!「特別編」の解禁カットを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画