外出自粛の今こそ、鳥瞰図で「エアまち歩き」をしよう

緊急事態宣言の発令で外出自粛のムードがますます濃くなる現在、デジタル技術を使った「エアまち歩き」を勧めるのが法政大学大学院教授の増淵敏之さんです。


デジタル技術の発達で変わる「まち歩き」

 政府が4月7日(火)、東京など7都府県を対象に「緊急事態宣言」を発令しました。これからは自宅生活が長くなりそうで、日常生活に苦慮する人は多いでしょう。今回はこれを機に、まち歩きについて改めて考えてみようと思います。

 デジタル技術の発達と普及によって、まち歩きの楽しみ方にもバリエーションが生まれました。動画配信サイト「YouTube(ユーチューブ)」などはそのひとつです。

 筆者(増淵敏之。法政大学大学院教授)もここ数年よく見ており、特に海外の旅行番組が面白いと思っています。内容はまさに「微に入り細に入り」といった具合で、地上波が取り上げないマイナーな街にさまざまなYouTuberが訪れ、紹介しています。映像を見ているだけで現地に行ったつもりになり、実際に行ってみたい街も少なくありません。

 もちろん海外だけではなく、アウトドアや車中泊、城跡巡り、鉄道旅と番組のバリエーションは驚くほど豊富で、この機会に知識を蓄積してみるのも楽しいでしょう。

 最近、「地球の歩き方」や「るるぶ」などが期間限定でガイドブックの読み放題サービスを始めました。こういったサービスを活用すれば、まだ行ったことのない場所への準備ができますし、休校中の子どもと一緒に各国の歴史や地理などを学ぶこともできます。

「エアまち歩き」は鳥瞰図巡りで

 さて前述のような「エアまち歩き」は、空間だけではなく、時間を行き来することもできます。一般的には古地図巡りです。

 筆者がずっと関心を寄せているのは、大正~昭和期の画家で「大正の広重」として知られた吉田初三郎の描いた鳥瞰(ちょうかん)図で、その数は1000種類にも上ります。鳥瞰図とは、空中から地上を見おろしたように描いた図のことです。

吉田初三郎が描いた鳥瞰図(画像:国土地理院)

 もともと西陣織の絵付けをやっていた初三郎ですが、その後、地図絵師に転じました。大正から昭和にかけての観光ブームに乗り、大正名所図絵社(のちの観光社)を設立、当時、観光事業にもっとも影響を持っていた鉄道省を始めとして、鉄道会社、バス会社、船舶会社といった各地の交通事業者、旅館、ホテル、地方自治体、新聞社などを顧客に抱えるまでになりました。

幻の東京万国博覧会も手掛けた


【画像】思わず鳥になった気分に! 現代の鳥瞰図絵師・青山大介さんの作品 「みなと神戸バーズアイマップ2017」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200408_hatsu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_hatsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_hatsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_hatsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200408_hatsu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画