80年代 狂乱の「DCブランド」ブームが残した大いなる価値観とは

「DCブランド」を着たことがないという今の若者世代も、DCブランドが人々に残した「現代的価値観」はしっかりと受け継いでいるようです。ルポライターの昼間たかしさんによる解説です。


「普段着1枚に数万円」が当たり前

「DCブランド」という言葉もすっかり懐かしくなってしまいましたが、そこから誕生したブランドは21世紀になった現在でも人気です。

 やはり値段もそれなりにしますが、品質のよさゆえに信頼度が高いのでしょうか。筆者(昼間たかし。ルポライター)は1990年代にTAKEO KIKUCHIの冬物のコートを買いました。当時8万円くらいした記憶があるのですが、手入れをしてまだ使っています。

 さて、DCブランドは現代から見れば日本がキラキラと輝いていた1980年代のファッションムーブメントを象徴するものです。多くの人は「バブル景気の象徴」として語りますが、実際にはバブルの頃にはすでに、ブームを超えて誰もが当たり前に着ているものへと変化していました。

「コムサ・デ・モード 」などで一世を風靡(ふうび)したファイブフォックス(画像:(C)FIVE FOXes CO., LTD.)

 ファストファッションが主流の現代では、数万円もする服がほぼ普段着になっていたというのが、なかなか想像がつかないかもしれませんが、当時は服も高かったのです。

 DCブランドが流行する背景には、1980年代に入りファッションにこだわる若者が増えたことが挙げられます。

 その象徴が1978(昭和53)年にオープンしたラフォーレ原宿(渋谷区神宮前)でした。ラフォーレ原宿の人気はすさまじく、バーゲンの時期ともなれば数百m離れた原宿駅まで行列が伸びたといいます。

 それまで、戦時中の配給などで行列することはあっても「たかが服」のために行列することなんて日本の歴史にはあり得なかった現象です。このラフォーレ原宿から、ファッションで個性を主張するスタイルが浸透していったといえます。

DCブランドとともに定着したクレジット文化


【調査結果】ファッションは今や「買ったら売る」が当たり前の時代?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/200402_DCbrand_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200402_DCbrand_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200402_DCbrand_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200402_DCbrand_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200402_DCbrand_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画