子ども虐待防止社会への光となるか? 児童養護施設でも養子縁組でもない「養育家庭」制度とは

一般的によく知られる養子縁組と比べ、認知度が低い「養育家庭(里親)」制度。そんな同制度について、ライターの秋山悠紀さんが児童相談センターにインタビューを行いました。


「養育家庭」とは何か

 子どもへの虐待事件が世間を騒がせるたびに、わき上がる「育てられないなら、養子に出せばいいのに」という声。いったいなぜでしょうか。その理由は世間一般で、

「実家族と離れて養育される子どもの行き先 = 養子」

という認識が根強いからでしょう。

 しかし養子縁組でもなく施設でもなく、実家族以外の家族とともに子どもが生活できる存在があります。それが「養育家庭(里親)」です。

養育家庭のイメージ(画像:日本法規情報)

 養育家庭の制度とはどういったものなのか、そして東京の養育家庭の現状について、児童相談センター(新宿区北新宿)相談援助課 養育家庭専門員の山木さんにお話を聞きました。

東京都では約4000人が対象

 現在、実家族と離れて暮らしている0~18歳の子どもは全国で4万5000人(東京都は約4000人)と言われ、このうち約8~9割が児童養護施設や乳児院で生活し、その他がファミリーホームや養育家庭などで生活をしています。

児童相談センターの外観(画像:秋山悠紀)

養育家庭とは、養子縁組を目的とせず家庭で暮らすことのできない子どもを一定期間養育する制度です。

――「養育家庭」についてその概要を詳しく教えてください。

 親の経済的事情や病気、離婚など、何らかの事情で家庭生活を送れない子どもを公的に育てる仕組みを「社会的養護」と呼びます。この社会的養護は施設養護と家庭的養護に分けられ、家庭的養護のうちのひとつが養育家庭という公的制度です。

子どもの健やかな発育を促すのが目的


【意識調査】あなたは「ステップファミリー」という言葉を知っていますか?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200205_satooya_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_satooya_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_satooya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_satooya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_satooya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_satooya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_satooya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_satooya_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画