職・住・遊・食の全てを完結――25日開業・ウィズ原宿は「旧駅舎ロス」を癒せるか?

3月21日にリニューアルしたJR原宿駅に加え、駅周辺の風景も次々とその姿を変えています。都市商業研究所の若杉優貴さんが解説します。


木造駅舎との別れは寂しいけれど……

 約3年間にわたる「大改造」を終え、2020年3月21日(土)にリニューアルオープンを迎えたJR原宿駅。

 ガラス張りとなった新駅舎には高級コーヒーチェーンの「猿田彦珈琲」とJR東日本のコンビニ「NewDays」が出店。どちらも原宿駅限定アイテムを販売しているとあって、多くの観光客などでにぎわいを見せています。

 しかし、生まれ変わるのは原宿駅だけではありません。原宿駅前でも駅舎のリニューアルに合わせていくつもの大型施設が誕生しているのです。

 これまでの小さな木造の旧駅舎との別れは寂しいですが、今回は「原宿駅から徒歩1分以内」のニュースポットたちを紹介していきます。

所在地はかつてのコクド本社跡地

 まず原宿駅を降りて目に入るのが、駅から神宮橋を挟んで向かいにできた大型ビジョンが目を引く商業施設「jing(ジング)」(渋谷区神宮前6)です。

4月25日に開業する複合ビル「ウィズ原宿」。都心初となるIKEAが出店するほか、高層階には高級レジデンスも(画像:都市商業研究所)

 ジングは2019年春に開業。運営を行っているのは、広告代理店「電通」と「サニーサイドアップ」です。ちなみに、ここはかつて旧・西武セゾングループの中核企業だった「コクド」(旧・国土開発)の本社があった場所にあたります。

高級ブランドからタピオカまで

 ジングの建物は2階建てで、館内にはパナソニックグループが「くらしサービス・共創の場」と位置付ける新拠点「& Panasonic(アンド パナソニック)」が出店しているほか、大部分が大型の多目的イベントスペースとして使われています。

 ここには2019年、高級ブランド「ルイ・ヴィトン」のポップアップショップからタピオカブームを追い風に誕生した「東京タピオカランド」まで、さまざまな業態の「期間限定店舗」が出店しており、大きな話題を呼びました。

 イベントスペースということもあり、残念ながら最近は感染症予防のため閉館していることも多いようです。しかし、「原宿駅から徒歩1分」「オリンピック会場となる代々木体育館からもすぐ」という好立地だけに、今後も個性的な「期間限定店舗」たちが生まれることになるでしょう。

建物の全部がアットコスメ


【画像】4月25日オープン 「職・住・遊・食」の全てが詰まった「ウィズ原宿」の全容を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_harajuku_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画