都心に一番近い「ダム」は原宿駅だった? 地形から見る魅惑の東京風景

雨水をためたり洪水を防いだりして、私たちの暮らしを支える「ダム」。そんなダムの中でも「都心に最も近いダム」について、フリーライターで写真家の大山顕さんが解説します。


ダム =「水をなくす」ではない

 新型コロナウイルス対策として専門家会議が提言した、「ピークカット戦略(集団免疫戦略)」のグラフを見て「おっ!」と思いました。その図が「洪水調整」の説明のものに似ていたからです。

 洪水調整とは、治水ダムや多目的ダムが行うことのひとつです。簡単に言うと豪雨などの際、水をダムにためること。一時的にダムの下流の河川に流れる水量を減らして、水による被害を防止・軽減するわけです。

 ここで重要なのは、ダムは決して「水をなくす」わけではないということ。いつかたまった分の水を放流しなければなりません。人間は水を「なかったこと」にはできないわけですから。洪水調整とは水位上昇をなだらかにしたり、最大流量を抑制したりすることが目的です。

 つまり、ダムは時間を稼いでいるのです。新型コロナウイルス対策の「ピークカット戦略」もまさに同じなのだな、と知って興味深く思ったのです。

土木 = 時間を止めようとする装置

 僕(大山顕。フリーライター、写真家)は土木構造物を専門に写真を撮り、文章を書く仕事をしています。これまでさまざまな土木インフラの専門家や設計・施工をする人たちにお話を聞いてわかったことがひとつあります。

 それは、土木とはいわば「時間を止めようとする装置」ということです。

 雨が降り、水が流れ、波が寄せては返し、日が照り、風が吹く。時には地震も起きる。それらは環境を大きく変えてしまいます。自然の作用とは「遷移」です。

 例えば河川は放っておくと、流れるルートを変えてしまいます。しかし、それでは人の生活、特に都市は成り立ちません。そのために護岸が設置されるわけです。人間が安心して暮らせるには「変わらないこと」が重要なのです。

 アスファルト舗装は地面を変化させないために敷かれています。土木構造物の多くは、このように「変わらないこと」を目的に作られています。時間とともに変わってしまうものを、なんとか必至に食い止める――詩的な言い方をするのなら、それは「時間を止めようとする装置」ということです。

都心に最も近いダムはどこだろう?


【画像】抜きんでた存在感 日本の美しいダムを見る(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_dam_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画