80年代の伝説ブランド「セーラーズ」が復活 世界的シンガーも夢中になった輝かしい歴史とは

ファンシーでガーリーなポップカルチャーの編集者として多くの著書を持つ竹村真奈さんが、ファンシーカルチャーにまつわるあれこれを掘り下げていきます。今回のテーマは、「セーラーズ」です。


あまりの人気に「1日の入店は2000人まで」

 おなじみの水兵さんのキャラクターは、オーナー兼デザイナーの三浦静加さんが世田谷区下北沢の古道具屋さんで偶然見つけた、50年以上も昔にアメリカ海軍の潜水艦のトイレにかけられていた看板だったそう。

 そのイラストをもとに、三浦さんが現在の「セーラーくん」のイラストをデザインし、1979(昭和54)年に商標登録を提出したことが始まり。

 オリジナル商品1号として販売したトレーナーも大好評! 女性誌『JJ』(光文社)に掲載されたり、人気スタイリストのクロさんがテレビ番組で「セーラーズ」を着用したりすると、共演していた西城秀樹さんをはじめ、とんねるずやシブがき隊などの人気アイドルたちの間に見る見る広まっていきました。

 1984(昭和59)年に渋谷公園通りの路地裏にわずか9坪のお店をオープンすると、初日の開店前から1200人もの長蛇の列が! これにはさすがの三浦さんも驚いたそう。

連日、長蛇の列ができた渋谷公園通りのセーラーズ(画像:SAILORS)

 デザイナーは三浦さんただひとり。生地や刺しゅう・縫製にこだわり、1アイテムにつき同じデザインは2~3種類しか作らない徹底ぶりが「セーラーズ」最大の魅力。

 オンラインなどもない時代、修学旅行生など遠方からのお客さんで毎日大にぎわい。そこで、「1日の入店は2000人まで」「15分で40人の入れ替え制」「15歳未満の方は保護者同伴」「お買い物はひとりにつき15万円まで」というルールまで作りました。

セーラーズを着たくて応募した女の子も


【画像】懐かしくて新しい「セーラーズ」グッズに胸キュン

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200302_sailors_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200302_sailors_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200302_sailors_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200302_sailors_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200302_sailors_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200302_sailors_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200302_sailors_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200302_sailors_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200302_sailors_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画