東京オリパラで外国人観光客が来日していたら、ぜひ案内したかった「東京の街」5選

東京オリパラでもしインバウンドが来日していたら、あなたは都内のどの街を案内したかったですか?


コロナ禍で見送られた観客受け入れ

 新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(7月23日~8月8日、8月24日~9月5日)ですが、結果、多くの日本人選手がメダルを獲得するなど、大活躍しました。

 今回は海外からの観客受け入れを見送ったため、100万人規模といわれていたインバウンド(訪日外国人)に日本を楽しんでもらえなかったのは少し残念ですが、もし来日していたら、どの観光地を訪れていたのだろうか、とつい考えてしまいます。

 ということで、筆者が案内人だったら、コロナ禍がなかったら、インバウンドをどこに案内したかを想像して、五つのスポットをご紹介します。

インバウンドが戻って来た東京のイメージ(画像:写真AC)

 あなたならどこに案内するのか、文章を読みながらご意見をいただけると幸いです。

1.神保町(千代田区)

 東京のオリエンタルな雰囲気を感じられる観光地といえば浅草や上野ですが、筆者がおすすめしたいのは神保町です。

神保町(画像:写真AC)

 観光地といった趣はありませんが、街特有のカルチャーが根付いています。特に有名なのがカレーです。過去には「神田カレーグランプリ」なるイベントも開催されているほど。多くのインバウンドにとって、神保町は極東の島国にある「謎のカレータウン」に映るかもしれませんが、実はどのお店も個性的で魅力があります。

 ただ、カレーはまだ中東・アジア諸国のイメージが強く、日本のカレーといってもピンとこないインバウンドがほとんどでしょう。だからこそ、筆者は神保町をおすすめしたいのです。

 神保町のカレーは外来文化をうまく取り入れた、いわば日本オリジナルのカレーが多いため、神保町を案内すれば

「輸入文化をそのまま受け入れるのではなく、独自に解釈し、アレンジする」

という日本人が得意とするスタイルを感じてもらえるのではないでしょうか。

2.高円寺(杉並区)


台湾メディア会員2348人が回答! なんと「制限解除後、日本に訪日旅行したい」が6割だった

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210915_annai_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画