『家、ついて行ってイイですか?』には、なぜビートルズの「Let It Be」がよく似合うのか

2014年から放送を開始し、今やテレビ東京の人気番組となった『家、ついて行ってイイですか?』。同番組から見える現代の東京の姿と番組内で流れるBGM「Let It Be」について、関西大学社会学部准教授の松山秀明さんが考察します。


テレビもまだ面白い

 現実の東京よりも、「テレビが映しだす東京」のほうがリアルに見えてくることがあります。バラエティー番組『家、ついて行ってイイですか?』(『家つい』。テレビ東京系)を見ていると、まさにそう感じます。

『家、ついて行ってイイですか?』のロゴマーク(画像:テレビ東京グループ)

『家つい』は、深夜の駅前で取材クルーが道行く人に声をかけ、タクシー代を支払う代わりにその人の自宅までついていく番組で、2014年にスタートしました。「最近のテレビはつまらない」という声をよく耳にしますが、この番組を毎週見ていると「テレビもまだまだ面白い」と思わされます。

私的『家つい』ベスト3

 どの回も興味深いのですが、ここ数年で忘れられない「ベスト3」を挙げてみます。

・20歳の女性について行ったら、壮絶な運命をたどった外交官の娘の豪邸だった。
・73歳の男性について行ったら、廃墟になったホテルに15年間住みつづけていた。
・78歳の男性について行ったら、血縁関係にない4人で共同生活をしていた。

 言葉ではなかなか説明しづらいのですが、どれも想像すらできない家庭のあり方で、見たときの衝撃は忘れられません。

深夜の駅前のイメージ(画像:写真AC)

『家つい』では月に400~500回ほど、取材クルーが街に出るといいます。家についていけないこともしばしばで、1年間に約12万人に声をかけていると番組内で紹介されていました。ゆえに、ついて行けたときには圧倒的なリアルがそこにあります。

 それでは、この番組からどのように「東京のリアル」が見えるのでしょうか。

「超短期密着ドキュメンタリー」


【1000人に聞きました】『家つい』出演者も「ひとり暮らし」が多め 居住タイプ別にみる単身男性の実態とは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_ietsui_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_ietsui_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_ietsui_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200305_ietsui_08-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画