原宿の超一等地「神宮前交差点」で再開発 創業約100年の老舗も閉店、今後どうなる?

若者たちでにぎわう原宿。その中心地と言える原宿・神宮前交差点で今後計画されている再開発について、都市商業研究所の若杉優貴さんが解説します。


交差点は「十字路」に

 各地で再開発が続いている渋谷区内。原宿・神宮前交差点でも新たな動きが始まります。

 交差点の形状変更を伴う大型再開発。果たしてどういった形になるのでしょうか。

間もなく大型再開発が開始される神宮前交差点。撮影は着工前の2016年(画像:若杉優貴)

 今回再開発が行われるのは、原宿・神宮前交差点の南西側(神宮前6丁目の一部)の3085平方メートルのエリアです。

 この場所には、大型複合ビル「オリンピアアネックス」(渋谷区神宮前)があり、下層階にはアパレルブランド「ラコステ」の旗艦店が出店。

 近隣には多くの小型店舗が立ち並び、コンドーム専門店「コンドマニア」などが出店していました。

 しかし2020年2月現在、そのほとんどが閉店・移転済みとなっており、一部の小型店舗については既に解体されています。

再開発の目的とは

 今回の再開発の大きな目的は、

・狭い街路
・複雑な交差点
・老朽化した建物

を解消することです。

 これまでの神宮前交差点は、今回の再開発地区にある、狭い一方通行街路「区道630号線」を合わせた変形五叉路となっていました。

 この「区道630号線」は大型車の通行が難しく、防災上にも不安がありました。

新ビルの建設計画。変形五叉路の場所が記載。地下鉄出入り口も設けられる(画像:渋谷区まちづくり課)

 今回の再開発ではこの「区道630号線」を廃止し、交差点を単純な十字路へと変更します。

 これは、交通渋滞の緩和や事故防止に寄与することにつながります。

 さらに、合わせて再開発地区の西側に新たな街路を通すほか、明治通り(区道630号線)の歩道拡幅も行われるため、歩行者にとっても安心・安全に買い物できる道路環境が整備されると言えるでしょう。

東急不動産が商業ビル建設へ


【地図】おなじみの景色はもう見納め! 「再開発」エリアを確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200305_jingumae_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画