本気でハマり始めた人たちに薦めたい「東京ラグビー 生観戦ガイド」

先日のW杯でラグビーの「にわかファン」になった人たちに向け、ライターで編集者の冨田格さんがラグビーのさらなる魅力について解説します。


観戦のハードルが高いのはルールにあった

 2019年9月20日(金)に開幕。それから7週間、すっかり日本中を熱狂の渦に包み込んだラグビーワールドカップ2019日本大会(以下、W杯)も南アフリカの優勝で幕を閉じました。その盛り上がりぶりは数字からも明らかです。

 日本代表の試合中継の平均視聴率は、

・9月20日(金):ロシア戦 18.3%
・9月28日(土):アイルランド戦 22.5%
・10月5日(土):サモア戦 32.8%
・10月13日(日):スコットランド戦 39.2%
・10月20日(日):南アフリカ戦 41.6%

 まさに「爆上がり」という言葉がぴったりくるほど、関心の高まり方がわかります。

W杯が行われた東京スタジアムにて(画像:冨田格)

 試合チケットは順調に売れていたとはいえ、W杯開幕直前になってもラグビー熱はあまり感じられませんでした。その不安を覆すほどの盛り上がりを見せたのは、日本代表の活躍ぶりを見て初めてラグビーに興味を持った「にわかファン」が激増したことに尽きるでしょう。

 この「にわかファン」という言葉は、同じくラグビー関連の「ONE TEAM」「ジャッカル」「4年に一度じゃない、一生に一度だ」「笑わない男」とともに流行語大賞の候補になるほど浸透しました。

 W杯でラグビーを初めて見るようになったという人と、この盛り上がりについて話したときに言われたことがとても印象に残っています。

「毎週末に日本代表戦をテレビで見ていたら、わかりにくいと思っていたラグビーのルールがわかるようになってきたんだよね。そうなるとテレビ観戦がすごく楽しくなってさあ」

 ラグビー観戦のハードルが高い理由は、ルールがわかりづらいことでした。しかし短期間に続けてテレビ観戦すれば、自然とルールもわかってくるものです。W杯の地上波実況放送も、ビギナーに理解できるようわかり易い解説を心がけていたのも功を奏したのでしょう。

 ルールがわかって面白くなってきた「にわかファン」は、やっぱりラグビーの試合を見たいものですよね。

「対抗戦」と「リーグ戦」からなる関東大学ラグビー


【おさらい】日本代表選手の出身大学一覧。田中選手は京都産業大学、徳永選手は、、、?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/1704_Fotor_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/191115_rugby_04-150x150.jpg

New Article

新着記事