バブルから令和まで――若者が住みたい「東京の街」は、30年間でどのように変化したのか?

バブル期から現在までの「若者が住みたい街」について、ルポライターで著作家の昼間たかしさんが解説します。


高層住宅乱立も、カバンひとつで上京できる物件も

 日本全体で「地元志向」が強まり、進学や就職で都会に出る若者の数は減っているといわれます。それでも、東京は若者にとってまだまだ憧れの街。そんななか、今の時代に東京でひとり暮らしを始めようと思ったら、いったいどれくらいの家賃が必要なのでしょうか。

首都圏に住む20~30代の単身者が「住みたい街ランキング2019」で1位に選んだ吉祥寺の街並み(画像:写真AC)

 不動産情報サイトを検索してみると、21世紀の現在でも管理費込みの家賃が2万円程度の物件はけっこう見つかります。東京はあちこちに立派なマンションが立っていますが、カバンひとつで上京するような若者を受け入れる物件は、連綿と存在し続けているのです。

30年前の23区の平均家賃は、7万4057円

 バブル景気真っ最中の1989(平成元)年7月に、東京都生活文化局が行った家賃に関する調査によると、各地域の平均家賃は次のとおりです。

1989年の東京23区の家賃相場(画像:東京都生活文化局のデータを基にULM編集部で作成)

・都心(千代田、港、中央) : 10万4943円
・山の手(文京、豊島、新宿、渋谷) : 8万9320円
・下町(荒川、台東、墨田、江東) : 7万3625円
・南部(品川、大田) : 7万437円
・西部(練馬、中野、杉並、世田谷、目黒) : 7万9269円
・北部(板橋、北) : 6万7122円
・東部(足立、葛飾、江戸川) : 5万6035円

 23区の平均家賃は、7万4057円でした。この調査が面白いのは、各地域での家賃が最高だった物件と最低だった物件の金額が記されていることです。23区の最低家賃は、東部のアパートで1万3500円。なんでもかんでもお金がかかったバブルの最中でも、1万3500円で23区の住民になることができたのです。

 さて、そんな30年余り前の時代と現在で「若者が住みたい街」に変化はあったのでしょうか。当時の若者に人気だった雑誌『スコラ』1988年9月8日号では、3つの項目で若者たちの人気スポットベスト5を挙げています。

江古田は「オシャレ感の乏しい吉祥寺」


【首都圏アンケート】単身者が選んだ「住みたい街ランキング2019」 1位は吉祥寺、2位以下はどうなっている?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190916_sumitai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190916_sumitai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190916_sumitai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190916_sumitai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190916_sumitai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190916_sumitai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190916_sumitai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190916_sumitai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190916_sumitai_05-150x150.jpg

New Article

新着記事