東急池上線で行くのんびり沿線散歩 普通の街の「普通の良さ」を求めて

おしゃれで華やかなイメージのある東横線や田園都市線と比べ、いまいち地味な印象がぬぐえない池上線。しかしそんな池上線には知られざるレトロな魅力がいっぱいあります。まち探訪家の鳴海侑が歩きました。


10.9kmを23分かけて走る

 東京の南西部に鉄道網を持つ東急電鉄。沿線は良質な住宅街が多くあるイメージが強くあります。そのため、少しまちあるきとは縁の薄そうなエリアのように感じますが、場所によってはまちあるきに向いている場所もあります。今回は、その中でも東急池上線の南よりのエリアを紹介します。

約100年前に開業した東急池上線(画像:写真AC)

 東急池上線は五反田から蒲田を結ぶ路線で、元々は池上電気鉄道という鉄道会社により建設され1922(大正11)年に開業、1934(昭和9)年に東急電鉄の前身、目黒蒲田電鉄に合併されました。

 そうした歴史もあってか東急線の中ではどことなく雰囲気の違う路線です。同じ東急線でいえば自由が丘や武蔵小杉、二子玉川やたまプラーザのような大きな駅もなく、住宅地の間を3両編成の電車がゆっくり走ります。五反田から蒲田の10.9kmを23分かけて結び、のんびりと走る印象を受ける鉄道路線でもあります。

憩いの場、洗足池へ

 中でも今回紹介するのは洗足池から蒲田にかけての大田区にあたる区間です。大田区というと町工場に代表される産業のイメージや羽田空港のイメージが強いですが、池上線沿いには落ち着いた住宅街が広がります。

 五反田から蒲田行きの電車に乗ること約10分で、洗足池駅に着きます。文字通り洗足池の近くで、駅を出て目の前の中原街道を渡ると日蓮聖人が足を洗ったことからその名がついたといわれる洗足池があります。

洗足池のほとり(画像:写真AC)

 池の周りは一周約1kmほど。散歩にちょうどいい長さです。また池でボートをこいだり、池のほとりで本を読んだりできる憩いのスポットでもあります。

商店街を抜け、ユニークな酒屋さんへ


【鉄道ファンにはお馴染み】新幹線を真上から見られる大田区・御嶽山駅付近の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200129_ikegami_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200129_ikegami_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200129_ikegami_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200129_ikegami_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200129_ikegami_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200129_ikegami_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200129_ikegami_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画