いまいち地味でパッとしない「国分寺」 しかし歴史と地形の魅力は別格だった

中央線沿線で、吉祥寺や高円寺同様に「寺」がつくにもかかわらず地味な印象のある国分寺。そんな国分寺の隠れた魅力について、まち探訪家の鳴海行人さんが解説します。


かつて「三寺」と呼ばれたエリア

 1970年代から80年代にかけ若者文化が花開いた場所として、中央線沿線に「三寺」と呼ばれた場所がありました。それが高円寺、吉祥寺、国分寺です。

 現在も高円寺は「カウンターカルチャー」のまちとして、吉祥寺は多摩エリアの一大拠点としてメディアでよく取り上げられますが、国分寺はあまり名前を聞くことがありません。今回はそんな「国分寺」周辺のあまり知られていない姿を見て歩くルートをご紹介します。

新宿から中央線特快で20分弱

 国分寺は、新宿から中央線の特別快速を使えば20分弱。西武国分寺線、西武多摩湖線との乗り換えができるターミナル駅です。西武国分寺線は西武線最初の鉄道路線で、元々は東京と川越の間を結ぶために国分寺から中央線と分岐する支線的な役割を持っていました。

国分寺駅の外観(画像:写真AC)

 さて、国分寺駅には3つの商業施設が駅に隣接しています。一番新しいのは北側にある「ミーツ国分寺」(国分寺市本町)。一見すると普通の再開発ビルのようですが、運営は三越伊勢丹ホールディングス。面積こそ広くありませんが、アパレルブランドをいくつも入居させているほか、雑貨の「東急ハンズ」や高級食料品店の「クイーン伊勢丹」があり、少し都心的な暮らしを求める層に寄り添ったビルになっています。

 駅南側にあるのが駅ビル「セレオ」(同市南町)と「国分寺マルイ」で一体のビルとなっています。9階建ての大きな商業施設で、さまざまなものがそろう地域の重要な買い物スポットです。駅のメインの出口も南側ですが、すぐ住宅地となっており、商店街はあまり見られません。

「国分寺崖線」に注目


【ランキング】国分寺は11位にランクイン! 「新宿駅」まで30分以内の家賃相場が安い駅トップ20

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191206_kokubunij_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191206_kokubunij_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191206_kokubunij_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191206_kokubunij_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191206_kokubunij_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画