高い場所をクネクネ進む「多摩モノレール」 実際に乗って、一番の魅力を考えてみた

多摩エリアを南北に走る多摩モノレール。その魅力とはいったい何でしょうか。フリーライターの小林拓矢さんが実際に乗車して体験しました。


路面電車の反映と地下鉄の台頭

 東京の都心部は谷や丘などが多少あるものの全体的になだらかな地形で、路線網が張り巡らされています。

 山手線や中央線は東京がまだ都市として広がりを見せていなかった時代に、現在の地をすでに走っていました。切り通しをつくったり高架橋を通したりして、路線網をつくったのです。

 一方、普及していったのは路面電車でした。路面電車は地形にあわせてつくられた路上に線路を敷き、その上を走らせます。しかし東京の繁栄はそんなシンプルな交通機関を存続させることを許しませんでした。

 そして訪れたのが地下鉄です。銀座線は戦前に開通し、戦後は丸ノ内線・日比谷線と次々に開通しました。

東京五輪開催目前に開業した東京モノレール

 日本が経済発展していくなかで、世界との行き来もさかんになり、羽田空港の利用者も増えていきました。そして1964(昭和39)年の東京オリンピックの開催目前、浜松町と羽田空港を結ぶ東京モノレールができました。

 羽田空港は純粋な陸上にあるわけではなく、沿岸部の埋め立て地にあります。途中には工業地帯や倉庫街があり、それをよけて線路を敷くわけにはいきません。

 一般的な線路は用地が必要であり、高架化も地下路線もいまほど簡単ではありません。そこで、簡単に高架で走らせることができるモノレールが採用されたのです。

 東京モノレールに乗ったことがある人はわかると思いますが、急カーブが多く、いろいろな施設を縫うようにして走っていきます。しかし高架のため見晴らしがよく、これはモノレールのメリットといえるでしょう。

立川北~立川南間の多摩モノレール(画像:小林拓矢)

 というわけで、既存のものが多く存在するところに鉄道路線を走らせるのはモノレールが最適です。その特長が十分に生かされたのが、多摩地域に走っている多摩都市モノレールです。

住宅地を高架で走り抜ける多摩モノレール


【画像】多摩モノレールの「延伸計画」「駅別乗降人員」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210717_tama_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_tama_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_tama_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_tama_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_tama_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_tama_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_tama_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_tama_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画