「スター・ウォーズ」の先見性に、ゲイの私があらためて気づいたこと

この年末年始、最も注目を集めている映画作品といえば『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』もそのひとつ。単なるSF作品に留まらず人種や性の多様性を描いている点も魅力だと、ゲイ当事者でライターの冨田格さんは語ります。


42年前に受けた衝撃は、今でも忘れない。

 2019年12月20日(金)、いよいよ公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を初日に鑑賞してきました。

 55歳になった私にとって「スター・ウォーズ」とのファーストコンタクトは1977(昭和52)年、中学1年生の梅雨時でした。毎月読んでいた映画雑誌「月刊ロードショー」に、ヒト型のロボット(C-3PO)と、ずんぐりしたロボット(R2-D2)が砂漠に立っている1枚のモノクロ写真が妙に気になったのです。映画のタイトルは「惑星大戦争(仮)」と表記されていました。

 当初、「スター・ウォーズ」がヒットするとは期待されていなかったため、日本公開は決まっていなかったのです。ところがアメリカで予想を超える大ヒット。当時は今と違ってヒットを見込める大作が公開されるのは、正月か夏休み時期と決まっていました。全米でのヒットを受けて慌てて劇場を押さえようにも、次の正月映画はすでにフィックスされている状態。結局、日本公開は1年後の1978(昭和53)年まで待たなければなりませんでした。

スター・ウォーズ上映館のビルボード、新宿バルト9(画像:冨田格)

 公開を待つ1年間も、雑誌を読み、サウンドトラックを聴き、映画館でかかる予告編に興奮して、ルーク・スカイウォーカーは中坊だった私のヒーローになっていきました。

 公開当初から、生みの親であるジョージ・ルーカス監督は9部作のサーガ(年代記)と構想していると言われていました。第1作であるエピソード「新たなる希望」を見終わって興奮しまくっていた頭で、9部作を見終わるまでは死ねない、と誓ったものでした。

「スター・ウォーズ」もそれから紆余(うよ)曲折があり、42年間かけてスカイウォーカー家の物語が完結することになったのです。「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を見終わった時に抱いたのは感想ではなく、感慨でした。「よくぞ生きて最後まで見られた」という気持ちが強かったのです。

 そして、これだけ世界中にたくさんのファンがいて、それぞれが期待するものが大き過ぎることを分かった上で、完結編の監督を引き受けたJ.J.エイブラムスの男気に感服しました。ファンの思いが強ければ強いほど、称賛よりも辛辣(しんらつ)な言葉をぶつけられるのは仕方のないこと。しかもライアン・ジョンソン監督による前作エピソード8「最後のジェダイ」が、いろいろな意味で世界観を破壊しまくった後を引き継いだのです。

 どう考えても圧倒的に不利な状況のなか、広げまくった上に世界観を破壊された大風呂敷をきちんと畳んでみせたのですから、J.J.エイブラムズ監督には感服するしかありません。気になる点は多々あれど、今は監督の偉業をたたえることが先かと、個人的には思っている次第です。

 公開初日から3日間の興行収入は、前作より微減と報じられていますが、都内のシネコンを見ても正月までは圧倒的な数のスクリーンで上映されることが決まっています。Dolby-ATMOS、IMAXレーザー、IMAX3D、MX4DX・3D、字幕2D、吹き替え、極音爆音(立川シネマシティ)、ULTIMA(イオンシネマ)など、劇場・シネコンによってさまざまな形態で上映されています。公開から時間がたつほどに上映形態の選択肢の幅は狭まっていきます。せっかくのイベントムービーですから、ご覧になりたいと考えている人は、なるべく早く見に行くことをお勧めします。

都内ではイベントや関連ストアが続々開催中


【画像】都内をジャック! スター・ウォーズのポップ集

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191228_star_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191228_star_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191228_star_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191228_star_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191228_star_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191228_star_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191228_star_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画