地下に漂う80年前の残り香――旧新橋駅のホームはなぜ「幻の存在」となったのか

「幻のホーム」と呼ばれる地下鉄の旧新橋駅ホームには、いったいどのような歴史があるのでしょうか。都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。


壁板の合間から見えるモザイクタイル

 京成電鉄の博物館動物園駅や京王線の旧初台駅、そしてJR両国駅の3番線など、東京には「幻の駅」や「幻のホーム」といわれるものがいくつもあります。場所によっては、時々一般公開されたりイベント会場として使われたりしますが、多くは記憶の彼方に置き去りにされ、静かに眠っています。

 そんな「幻」の中で、もっともよく知られるのが、地下鉄の旧新橋駅ホームではないでしょうか。多くのメディアで取り上げられ、実際にも存在するので「幻」とは言いがたいかもしれません。しかしその歴史を紐解けば、幻の意味が垣間見えくるでしょう。今回は、復活のときを静かに待つ地下鉄新橋駅「幻のホーム」の話です。

会議室などの増築で幅が狭くなってしまったホーム(画像:黒沢永紀)

 2019(令和元)年の現在、幻のホームは、新橋駅改良工事用のスペースとなっているため、画像は2013(平成25)年に取材したときのものを使わせていただきます。

 新橋駅地下1階にある、地下鉄構内でよく見かける鉄扉を開けると、いきなり目の前に幻のホームが現れます。仄暗く、少し漂うカビの香りが、戦争を乗り越えてきた長い年月を感じさせてくれます。

 1939(昭和14)年に造られたホームは対面式で、全長約50m。中央にアーチ型の列柱があり、終端にはバックライトの標識がぼんやりと浮かび上がります。サイディング(壁板)によってオリジナルの壁面はそのほとんどが覆われていますが、その合間から有名なモザイクタイルの駅名が確認できました。

なぜ「幻の駅」と言われるようになったのか


【画像】今見てもかっこいい? 当時の施工を物語る、旧新橋駅の特徴的な階段デザイン

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191217_shinbashi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画