今さら聞けない? 新交通システム「ゆりかもめ」「日暮里・舎人ライナー」のメリットとは結局何なのか

都内には「ゆりかもめ」「日暮里・舎人ライナー」というふたつの新交通システムが走っています。その画期性について、フリーライターの小林拓矢さんが解説します。


新交通システムのなにが画期的か?

 地下鉄は小回りが利かない、バスだと運べる人数がちょっと少ない、路面電車を現代に走らせるには余裕がない――そんな人たちの移動を確保するには、どのような交通機関がいいのでしょうか。

 筆者(小林拓矢、フリーライター)は以前、勾配・曲線をもろともしない公共交通機関として、多摩都市モノレールをアーバンライフメトロで取り上げたことがあります。ただ、モノレールは運転士が必要な乗り物で、運行そのものを自動化することは簡単ではありません。モノレール自体も以前からある規格であり、ある程度大ががりな設備を必要とします。

 もっと簡単な設備で適切な人数を運べる交通システムはないものか、となったところで登場するのが新交通システムです。

 標準的な新交通システムの仕様として、

・無人運転もしくはワンマン運転が行われる

というものがあります。またホームドアが設置されている路線も多く、そういった省人化が行われているのも特徴でしょう。

 また、新交通システムは「中量交通機関」と呼ばれるように、一般の鉄道ほどの人数ではないにせよ、それなりの人数を運べるようにできており、車体こそ小さくても複数両の編成を組んでいます。

東京ビッグサイトの駅をめざす「ゆりかもめ」(画像:小林拓矢)

 東京には、

1.ゆりかもめ
2.日暮里・舎人ライナー

のふたつの新交通システムがあります。どちらも無人運転を行っており、ゆりかもめは6両編成、日暮里・舎人ライナーは5両編成と、バスよりもはるかに多い輸送力を誇っています。

ちなみにどちらの新交通システムも、開業時から駅にはフルスクリーンのホームドアが設置されており、人がホームに降りることができないようになっています。安全性の高い、かつそんなに長距離を走るのではない交通機関としてはちょうどいいものです。

 では、どんなものなのかちょっと乗ってみましょう。

臨海副都心エリアをこまめに停車する「ゆりかもめ」


【画像】今と全然違う? 「ゆりかもめ」が無かったころのお台場

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211224_system_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_system_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_system_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_system_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_system_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_system_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_system_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211224_system_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画