夏目漱石と歩く神楽坂 迷路のような路地と毘沙門天に導かれて

夏目漱石の小説『坊ちゃん』に出てくる神楽坂エリア。サンポマスターの下関マグロさんが解説します。


作品の発表は1906年、ドラマや映画版でも人気

 散歩を趣味にする人にとって、神楽坂は人気のエリアだといえるでしょう。その魅力のひとつは路地裏に続く、石畳でしょうか。迷路のように続く路地は、かつての花街だった風情を残しています。隠れ家的なカフェやレストランなども多く、神楽坂は「大人の街」だといえるでしょう。

有名な夏目漱石の『坊ちゃん』には神楽坂が登場する(画像:下関マグロ)

「かぐらざか」という坂名の響きも素敵ですね。由来は諸説ありますが、ひとつはこのあたりに穴八幡宮(新宿区西早稲田)の御旅所(おたびしょ)があり、そこで神楽が行われたことから、その名がついたといわれています。御旅所とは、祭りのみこしが巡る際に休む場所をいいます。神楽とは、神様に奉納する舞や音楽のこと。このほかの説も神楽が元になっているようです。

 魅力あふれる神楽坂ですが、文学好きな人たちにも愛されています。神楽坂が舞台となった文学作品が多くあるからです。ときには好きな作家の文庫本を片手に、神楽坂を散歩するのも楽しいと思います。

 今回は、夏目漱石の作品に登場する神楽坂を歩いてみましょう。

 夏目漱石の小説『坊っちゃん』は、ドラマ、映画、アニメなどで描かれることが多い作品で、その中でも人気があります。発表されたのは1906(明治39)年。漱石の年齢は明治の年号と同じだということで、本作品は漱石、39歳のときに発表されたものです。

東京と松山を比べてばかりの主人公


【新宿区 家賃が安い街ランキング】シングル向け1位は中井で8.3万円、神楽坂はいったい何位でいくら?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191216_kagura_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191216_kagura_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191216_kagura_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191216_kagura_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191216_kagura_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191216_kagura_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191216_kagura_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191216_kagura_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画