気分はホノルル? ANAとbillsの「コラボ機内食」を食べてみた

2019年5月24日

お出かけ
ULM編集部

ANAのA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」で提供されるエコノミークラスの機内食を全国の「bills」で楽しむことができます。ポーションを大きくし、内容もパワーアップしたスペシャルバージョンです。


コラボ機内食がパワーアップ

 ANA(全日本空輸)のエアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」が2019年5月24日(金)よりホノルル線に就航します。A380型機は総二階建てで、520人という大量の旅客を海外へ運送できる大型機。航空機ファンのみならず、日本中の注目を集めています。そのエコノミークラスの機内食が全国の「bills(ビルズ)」で同日より楽しむことができます。

「FLYING HONU」のエコノミークラスにおいて提供される機内食をレストラン仕様にアレンジしたbillsの料理。「ポークシュニッツェル-マッシュポテト、ポーチドエッグ、パセリとケッパーバターを添えて」(画像:サニーサイドアップ)

 昨今、スターシェフや話題の料理人などが監修した機内食メニューを考案する航空会社が世界的に増えています。ANAもそのひとつで、FLYING HONUでの初のエコノミークラス機内食の監修に、billsの創業者で、レストラン経営者のビル・グレンジャー氏を起用しました。

 billsはオーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング(朝食からディナーまで通しで営業)。ソウル、東京、ホノルル、ロンドンとグローバルにレストランを展開しています。なかでも朝食のバラエティーや美味しさは「世界一の朝食」とも謳われるほどの人気。日本では8か所に店舗展開しており、東京ではお台場、表参道、二子玉川、銀座にあります。

 同機内食は、世界中のbillsでの人気メニューやグレンジャー氏のこだわりをもとに考案されたそうです。これをレストラン仕様にアレンジし、ポーションサイズを大きくした料理を全店で提供します。機内食は食材が大量に必要とされることや食物アレルギーへの配慮などから、使える食材が限られています。レストランは自由度が高いため、使用食材の数や味わいがパワーアップしたものを楽しめるのが特長です。

レストランでも機内食のテイストが楽しめる


レストラン仕様の料理との違いがわかるANAの機内食(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190516_bills_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190516_bills_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190516_bills_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190516_bills_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190516_bills_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190516_bills_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190516_bills_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190516_bills_02-150x150.jpg

New Article

新着記事