坂本九からPerfumeまで――紅白歌合戦の「東京ソング」は何を描き、うったえたのか

一年を締めくくるテレビ番組として、長年愛される「NHK紅白歌合戦」。そんな「NHK紅白歌合戦」の過去と現在には、「東京」という存在が深く関わってきました。社会学者の太田省一さんが考察します。


歴代最高視聴率は1963年の81.4%

 この話題が増えてくると「一年もそろそろ終わりか」と感じるのが、「NHK紅白歌合戦」ではないでしょうか? 2019年で70回という節目を迎える「紅白」。東京との意外に深い関係を探ってみたいと思います。

2017年の紅白歌合戦で「TOKYO GIRL」を歌ったPerfumeのホームページ(画像:アミューズ)

「紅白」の歴代最高視聴率は、1963(昭和38)年に記録された81.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同じ)です。近年の視聴率はだいたい40%前後なので、いかに驚異的な数字だったかがわかります。

 1963年の「紅白」はとても特別なものでした。なぜなら、翌年秋にアジア初となる東京オリンピック開催を控えていたからです。

 このオリンピックには、日本人にとって「スポーツの祭典」という以上の意味がありました。それは、敗戦の焼け跡から日本が見事復興を遂げたことを世界に知らしめる絶好の機会だったからです。時は高度経済成長の真っただ中、首都高速道路の開通や東海道新幹線の開業、道路整備やホテルの建設ラッシュなど、オリンピック開催に合わせて東京の風景も一変しました。

 そんな時代のなかで、家庭の娯楽の中心になろうとしていたのがテレビでした。ちょうど普及率も8割を超えて「一家に一台」の時代が実現しようとしていた1963年、東京オリンピック開催間近という熱気が加わったのがその年の「紅白」だったのです。

 当日の放送でもオリンピック色がふんだんに盛り込まれました。審査員に選手村の責任者が選ばれていただけでなく、オープニングではまだ「寅さん」を演じる前の渥美清が聖火ランナーに扮して登場、東京宝塚劇場の舞台上につくられた聖火台のセットに「点火」する演出がありました。そしてエンディングでは、いまも恒例の「蛍の光」ではなく「東京五輪音頭」が歌手全員で声高らかに歌われました。

「スーパー・シティ」だった1980年の東京


【調査結果】年末年始に「家族で必ず見るテレビ番組」、あなたはある?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191211_kohaku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kohaku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kohaku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kohaku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kohaku_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画