就職率がなんと9年連続1位 詩人が作った「昭和女子大学」とはどのような大学なのか

東京・世田谷に驚異の就職率を誇る大学があります。その名は昭和女子大学。いったいなぜでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


実就職率「97.3%」という驚異

 大学を評価する際に一般的に注目される指標といえば、偏差値のほか「就職率」が挙げられます。

 そんな就職率において、驚異の実績を上げている大学が都内にあります。1920(大正9)年創立の昭和女子大学(世田谷区太子堂)です。

昭和女子大学の外観(画像:(C)Google)

 昭和女子大学は卒業生1000人以上の女子大学を対象とした実就職率で「97.3%」と9年連続1位となっており、また全国の国公私立大学(共学含む)の中では4位となっているのです。なお実就職率とは、

・就職者数 ÷ (卒業者数 ー 大学院進学者数)

で表される数値のことです。

 ということで今回は、2020年に創立100周年を迎えた昭和女子大学が驚異の実就職率をたたき出している秘密を探っていきます。

詩人・新聞記者が創立した大学

 日本は1800年代後半から1900年初頭にかけ、来日した宣教師や教育者らによって、女子教育のための私塾などが次々と設立されました。

 しかし、昭和女子大学は他の教育機関とは一風異なります。詩人であり、新聞記者の人見圓吉(ひとみ えんきち)が1920年、世に役に立つ女性を育成しようと創立したのが始まりです。

 人見は校名を「日本女子高等学院」とし、建学の精神としてロシアの文豪トルストイの思想である、質素な生活の中でも弱者に手を差し伸べる、キリスト教的な志を掲げました。当時のいわゆる良妻賢母の養成所としての性格は、ほとんどなかったのです。

トルストイの著作『光あるうち光の中を歩め』(画像:新潮社)

 当初、文京区に校舎を建てたものの、手狭になったことから中野区、そして終戦後に三軒茶屋駅から徒歩数分の場所に移転。1949(昭和24)年に新制大学(第2次分)として、昭和女子大学になりました。

 現在、国際学部、グローバルビジネス学部、人間文化学部、人間社会学部、生活科学部、環境デザイン学部の計6学部14学科から構成されており、2019年度の学生数は5895人(大学のみ)です。

 都心の一等地にある敷地内には付属学校のほかにもテンプル大学ジャパンキャンパスの東京キャンパス、ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和のキャンパスがあり、国際豊かな雰囲気となっています。

坂東学長就任で訪れた変化


【地図】おしゃれタウン「三軒茶屋」近く! 昭和女子大学の場所をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200430_showa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200430_showa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200430_showa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200430_showa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200430_showa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200430_showa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200430_showa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200430_showa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200430_showa_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画