一般社員に「簿記・会計」知識は必要? 共通テスト科目廃止で考える

2024年1月実施の共通テストを最後に「簿記・会計」の出題がなくなります。しかし近年、それらの知識の重要性は高まっています。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


変わりゆく受験科目

 共通1次試験、大学入試センター試験、大学入学共通テストと名称は変わっていますが、これらの試験が大学受験の関門になっていることは時代を問わず、年代によって受験できる科目も変わっています。

 2025年1月の大学入学共通テストから、新たにプログラミングを含む「情報」の教科が受験科目に追加される予定です。

 情報化社会・IT革命、そして昨今は政府がデジタル庁の創設を進めているように、生活の中にコンピューターは欠かせなくなっています。そうした世相を反映し、プログラミングの重要性も増しています。

 2022年4月から実施される高校の新学習指導要領には、そうした社会状況を捉えてプログラミングを学ぶ「情報I」の科目が追加されます。大学入学共通テストの受験科目に「情報」が追加されるのも、こうした流れを受けたものといえます。

2024年になくなる「簿記・会計」

 その一方、2024年1月実施の共通テストを最後になくなる科目もあります。それが「簿記・会計」です。

簿記のイメージ(画像:写真AC)

 高度経済成長期は労働力不足が深刻になったことから、それを補うべく中学を卒業したばかりの男子・女子が東京・大阪といった大都市に集団で就職しました。

 今や、中学を卒業してすぐに就職する時代ではなくなりました。高校進学率は97%超となっており、大学・短期大学・専門学校等をあわせた高校卒業後の進学率も80%を上回っています。

重要性を増す「簿記・会計」スキル


【調査結果】転職で役立つ資格ランキング、「簿記」は何位?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210520_boki_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_boki_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_boki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_boki_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_boki_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_boki_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_boki_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画