一方的な「女性活躍社会」なんていらないし、信じない 私はただ普通に生きたいだけ――出生数90万人割れから考える

90万人を割った2019年の出生数。その背景にはいったい何があるのでしょうか。ライターの秋山悠紀さんが持論を展開します。


出生数の減少の背景には何があるのか

 厚生労働省が先日発表した人口動態統計の速報値によると、2019年1~7月までの出生数は前年同期比5.9%減の51万8590人。これにより、2019年の出生数が90万人を割ることがほぼ確実視されています。国立社会保障・人口問題研究所(千代田区内幸町)は90万人割れとなるのは2021年と予想していたことから、出生数が推計よりもかなり速いスピードで減っていることがわかります。

閉塞感のただよう社会のイメージ(画像:写真AC)

 この背景には、人口の多い団塊ジュニア世代(1971~1974年生まれ)が40代後半となり出産期の女性が減ったことや、経済状況の悪化などが指摘されています。しかし、筆者のように子育てをしている身からすると、そのような大きな「枠組み」を語るだけでは少子化は解決できないと感じています。子育てをするには常に誰かに「許可」や「謝罪」を請わないといけないような雰囲気があるためです。

待機児童問題に隠れる専業主婦への侮蔑的な視線


この記事の画像をまとめてみる

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191029_kosodate_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191029_kosodate_02-150x150.jpg

New Article

新着記事