イベント来場者数は過去最高、今なぜ「アナログゲーム」が人気なのか?

近年盛り上がるアナログゲーム。その背景にはいったい何があるのでしょうか。文殊リサーチワークスの中村圭さんが解説します。


コミュニケーションツールとしての機能も

 電源を使用せず、テレビゲームやスマホアプリと対極にあるアナログゲーム。同ゲームは近年情報番組や情報誌などに紹介されたり、YouTuberなど動画サイト主催者が動画のネタに使用して話題となるなど、注目される機会が多くなっています。

 伝統的なゲームとして囲碁や将棋、チェス、すごろく、トランプ、花札、百人一首など古くからのゲームがあり、それらは時代を問わず親しまれていますが、ここでは注目度が増している近代アナログゲームを紹介します。

4

 数あるカテゴリーの中で、ボードゲームとカードゲームは特に幅広い層に人気があります。ボードゲームは名前の通り、盤上にコマやカードを使用するゲーム。著名なボードゲームをあげると『モノポリー』『人生ゲーム』『カタンの開拓者たち』などが古くからあり、これらは現在でもルールを現代版にアレンジして息の長いタイトルとなっています。

 最近では『パンデミック』『東京サイドキック』『アナクロニー』などが人気です。パッケージは大型のボックスのものが多く、プレイ時間は45分~1時間程度。長いものでは3時間以上かかるヘビーユーザー向けのものもあります。

 カードゲームは専用のカードを使用したゲームで、『UNO』や『水道管ゲーム』が有名です。カードゲームは基本的にカードだけなので手軽に持ち運べ、場所を選ばないことや、プレイ時間が5~10分程度とライトに遊べることが特徴。ネットで火が付いた『ワンナイト人狼』のような犯人捜しゲームや、『ワードバスケット』のような言葉を使うワード系と呼ばれるサブジャンルが人気です。

 アナログゲームはテレビゲームやスマホアプリなどにない特性があります。基本的に人対人のリアルなコミュニケーションをとって遊ぶもので、シンプルかつ奥ゆきのあるゲーム性があります。そのため何かしらの戦略性があり、その戦略を成功させるために相手を知る必要が出てくるのです。相手の顔色や言動、仕草を観察することによって積極的にお互いを知ろうとする――そのためアナログゲームは、コミュニケーションツールとしての機能も高いと言えるでしょう。

初心者のまぐれ勝ちも多々起こる


【画像】人喰いザメと『モノポリー』が合体? 過去のゲームマーケットで完売したボードゲーム『サメポリー』を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191121_analog_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_analog_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_analog_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_analog_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_analog_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191121_analog_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画