明治から令和まで 激動の150年を駆け抜けた「東京庁舎」の歴史

2021年、東京都庁舎は開庁30周年を迎えました。旧庁舎を含め、その歴史についてフリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


大名屋敷を接収した明治新政府

 JR新宿駅から徒歩10分ほどの距離にある東京都庁舎(新宿区西新宿)は、1990(平成2)年に完成しました。そして、翌年に開庁。2021年は開庁30周年の節目です。

新宿区西新宿にある東京都庁舎(画像:小川裕夫)

 徳川将軍家が幕府を置いた江戸は、明治新政府の発足に伴い東京へと改称。そして、地方自治体として東京都の前身である東京府が1871(明治4)年に発足します。

 江戸から明治へと時代が変わり、政体も大きく変化しました。政体が変わっても、すぐに人々の生活が変わるわけではありません。明治の東京には、江戸の面影を色濃く残す大名屋敷があちこちに立地していました。明治新政府は、そうした大名屋敷を次々と接収。それらの一部は役場として再活用されていきます。

 東京府の府庁舎として再活用されたのは、大和郡山藩柳沢家の藩邸でした。大和郡山藩柳沢家の藩邸は現在の住所に表すと千代田区内幸町にありました。

 東京府は、大和郡山藩柳沢家の藩邸を改修して使用。とはいえ、江戸時代に建設された大名屋敷のため、その構造は時代に対応した建物とは言いがいものでした。好立地ながらも、大和郡山藩柳沢家の藩邸は明治という新時代には不向きな建物だったのです。

 そのため、東京府は旧大和郡山藩邸だった府庁舎を一時的な仮庁舎として捉え、新時代に対応した庁舎を建設することを模索します。新庁舎は、諸外国にもひけを取らない見栄えのする建物であることが求められました。そうした機能のほかにも、帝都・東京の役所であることから国の機関とも連絡・調整を密にしなければならないこともあり、利便性のいい場所という条件もありました。

 そうした事情から、場所の選定に時間を要します。場所の選定もさることながら、新時代に適応した庁舎のデザインも決まりませんでした。

 1897年、ようやく2代目となる府庁舎が完成します。2代目の東京府庁舎を設計したのは工科大学校(現・東京大学工学部)でジョサイア・コンドルから指導を受けた妻木頼黄(よりなか)です。

 コンドルは明治をけん引する建築界の巨匠をたくさん育てたお雇い外国人として知られています。コンドルの弟子には、東京駅の赤れんが駅舎や日本銀行本店の本館を設計した辰野金吾がもっとも有名です。妻木も辰野のライバルとしてしのぎを削り、明治建築界における三大巨匠のひとりとして数えられる実力者でした。

防火対策に優れた府庁舎


【画像】明治初期、東京都庁舎の場所には何があった?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211214_tochosha_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画