電波塔の東京タワーにわざわざ「展望台」が作られた理由

62年前の1958年に開業した東京タワー。東京スカイツリーができた今でも、その魅力は一向に衰えていません。その背景について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


今なお色あせぬ、東京の「シンボル」

 1958(昭和33)年に開業した東京タワーは、今でも東京の「シンボル」でもあり、観光名所としても親しまれています。その東京タワーを設計したのは建築家の内藤多仲(たちゅう)です。

 内藤は東京タワーのほか、前身ともいえる日本放送協会の愛宕山放送局鉄塔を手がけています。その後、名古屋テレビ塔、2代目通天閣、別府タワー、さっぽろテレビ塔、博多ポートタワーなども設計し、「塔博士」と呼ばれました。

 国内の電波塔として抜群の知名度を誇る東京タワーですが、それ以前より、名古屋テレビ塔や別府タワー、さっぽろテレビ塔といったテレビ・ラジオの電波塔は建設されていました。

 東京タワーはそれらに続く計画でしたが、東京タワーの計画が持ち上がった背景には、当時の電波事情が大きく起因しています。

電波塔の乱立で電波が届かない事態に

 戦後復興を遂げた日本社会は、昭和30年代から経済成長の道を突き進んでいきます。生活レベルも向上し、社会も成熟していきました。そこにこつぜんと現れたのがテレビという新たな文明の利器でした。

 テレビは高価だったことから、当初は多くの人が街頭に設置されたテレビで野球やプロレスといった中継を楽しみました。しかし、次第に家庭にテレビが普及します。それと同時に、番組を供給するテレビ局の開局も相次ぎました。

東京タワーの展望台(画像:写真AC)

 当時、テレビ各局は家庭に電波を届けるために、自前で電波塔を建設しました。そのため、東京にはテレビの電波塔が乱立してしまうのです。しかし、テレビ各局が建設した電波塔は高さが足りず、そのために千葉・埼玉・神奈川の全域には電波が届かないという事態が起こります。

 東京および近郊でしかテレビ番組を届けられない状態は、テレビの購入者から不満が噴出することになりました。

持ち上がった総合電波塔構想


【地図と写真】明治時代から現在まで! 「東京タワー」周辺の変化を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200816_tower_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画