40年前に消えた幻の南千住「東京スタジアム」、かつての労働者の熱狂を求めて歩く

高度経済成長期、大衆を熱狂させた娯楽のひとつにプロ野球がありました。かつて球場があった荒川区南千住の地を歩くと、庶民とプロ野球との切り離せない関係を見て取ることができる――。法政大学大学院教授の増淵敏之さんは、そう指摘します。


2018年度、観客動員数はセ・パともに過去最多

 日本のプロ野球は今、2019年10月19日(土)から始まる巨人vsソフトバンクの日本シリーズを控えた盛り上がりのさなかにあります。

歓声を送る野球ファンたちのイメージ(画像:写真AC)

 戦後、順調に成長してきたプロ野球も、先行きを危ぶまれたことがありました。2005(平成17)年、対前年450万人以上(同18.5%)もの観客の減少に直面した年のことです。原因は2004年に起こった球界再編の余波と、観客動員数の実数発表への移行です。その後10年もの時間をかけて地道に客足を取り戻し、2018年度の観客動員数はセ・パ合わせた全858試合で計2555万719人、1試合当たりの平均は2万9779人に達しました。

今なお国民的人気を誇る、「プロ野球」の底力

 ちなみにこの数字をリーグ別でみると、セ・リーグは1423万5573人(1試合平均3万3183人)、パ・リーグでは1131万5146人(1試合2万6376人)。記録が残る1956(昭和31)年は年間約421万人(1試合平均4323人)だったので、2018年度はその5倍以上の規模になっています。地上波での中継が激減した現在でこの成績ですから、各球団の企業努力が実を結んでいる結果だと言えるでしょう。

プロ野球の観客動員数の推移(画像:日本野球機構のデータを基にULM編集部で作成)

 あえて問題点を挙げればセ・パ両リーグの動員格差が依然として残っていること。それは球団格差が根底にあるのかと思います。2018年度では楽天、ロッテ、オリックスが観客動員で伸び悩みました。しかしJリーグの観客動員数がJ1、J2、J3の計57クラブを合算して976万7611人ということを鑑みれば、日本におけるプロスポーツ市場はまだまだ野球が牽引(けんいん)している状況が見えてきます。

かつて東京を賑わせた、今は無きいくつもの野球場


【画像】「東京スタジアム」の記憶を探して……。現在の南千住の風景はこちら

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_stadium_04-150x150.jpg

New Article

新着記事