高級ブランド街の謎――なぜ東銀座駅はあるのに「西銀座駅」はないのか

日比谷線と浅草線の2路線が乗り入れる、中央区銀座の東銀座駅。一方、なぜか西銀座駅は存在しません。いったいなぜでしょうか。フリーライターの弘中新一さんが解説します。


商業施設に残る「西銀座」の名前

 日比谷線と浅草線の2路線が乗り入れる東銀座駅(中央区銀座4)。その名のとおり、銀座駅の東側にあります。

 さて、ここでひとつ疑問が湧いてこないでしょうか。東銀座駅はあるのに、なぜ西銀座駅はないのか――と。

 幸いなことに(?)、西銀座の名称が付いた商業施設は存在します。そう、西銀座デパートです。東京高速道路の高架下にある商業施設の名称として広く知られています。一角にある西銀座チャンスセンター(同)は、年末ジャンボ宝くじを買い求める人で毎年行列ができます。

 そんな西銀座チャンスセンターの売り場前にある地下鉄入り口(現在は閉鎖中)を下っていくと現れるのは、丸ノ内線銀座駅。

 実はこの丸ノ内線銀座駅は、かつて西銀座駅という名前だったのです。ご存知でしたか? そうとなると、俄然気になるのは駅名変更の理由と東・西の由来です。

西銀座駅と「銀座西」

 現在の丸ノ内線銀座駅は、1957(昭和32)年12月に開業しました。当時は、現在のように晴海通りの下で銀座線の駅と接続していませんでした。

東銀座駅(画像:写真AC)

 銀座線銀座駅は銀座4丁目の交差点の下付近、対して丸ノ内線銀座駅は数寄屋橋付近と少し離れていたことから、当初は別の駅ということで西銀座駅と命名されました。

 西銀座駅の命名理由は、銀座駅から見て西に位置しているだけではありません。現在の東京高速道路に沿って「銀座西」という地名が存在していたからです。銀座西の地名は現在の銀座2丁目から銀座5丁目まで南北に長く延びており、1丁目から5丁目まで存在していました。

 地名自体の命名理由は1930(昭和5)年に銀座5丁目~8丁目が設置された際、その西側に位置していたことに由来します。

 ただ、正式名称は銀座西にも関わらず、呼びやすいという理由で「西銀座」などという呼称で呼ばれることの方が多く、結果として、より広く知られている呼称が採用され、西銀座駅になったとされています。

 そんな正式名称の銀座西ですが、住居表示の実施により、1968年に姿を消しました。

 西銀座駅の呼称が使われた期間は1957年から1964年までと短く、同年8月に日比谷線が開業して3路線の駅が接続したことから、西銀座駅は銀座駅に改名されました。

東銀座駅と「銀座東」


【画像】明治初期の「銀座」周辺地図

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210428_nishi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_nishi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_nishi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_nishi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_nishi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210428_nishi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画