【ベストヒット23区】山下達郎『僕の中の少年』――池袋が生んだ日本音楽界屈指のマエストロ 豊島区

人にはみな、記憶に残る思い出の曲がそれぞれあるというもの。そんな曲の中で、東京23区にまつわるヒット曲を音楽評論家のスージー鈴木さんが紹介します。


「今みたいな中心街じゃ全然なかった」

 前回取り上げた杉並区・荻窪駅から丸ノ内線に乗って、椎名林檎『丸の内サディスティック』(1999年)に歌われた駅名をたどりながら、都心をぐるっと回って池袋駅へ。

山下達郎が生まれた池袋の現在の様子(画像:写真AC)

 池袋といえば豊島区のど真ん中。というわけで、今回の「ベストヒット23区」は、前回の杉並区に続いて豊島区を取り上げます。そして豊島区が生んだ日本音楽界屈指のマエストロと言えば、この人――。

 山下達郎。

 まずは、あまり知られていないであろう、山下達郎の少年時代の話を、私の家の本棚にあった雑誌『宝島』1982(昭和57)年の5月号掲載「ロング・インタビュー山下達郎 サウンドよ色になれ」から引用したいと思います。

 生まれは豊島区池袋。本人によれば、池袋は「戦後の闇市のまっさかりにできた街」で「今みたいな中心街じゃ全然なかった」そうです。さらに「とにかく、ガラが悪かった」「いわば僕はゲットーチャイルドですな」と、かなり強めに話しています。

 転換点となるのは中学時代。山下家は練馬区に引っ越してお菓子屋を開業するのですが、達郎少年は越境入学の形で豊島区の高田中学(現・千登世橋中)に入学。この頃からポップスに熱中し始め、友人たちとバンドを組むことになります。

 高校卒業後、その中学時代の友人らと録音したのが、自主制作盤『ADD SOME MUSIC TO YOUR DAY』。お世辞にも上手いとは言えないコーラスと演奏の中でたったひとり、異常に伸びやかで高らかな、達郎少年のボーカルを楽しむ音源(山下達郎オフィシャルファンクラブより現在でも入手可能)。この自主制作盤が、伊藤銀次経由で大滝詠一の耳に入り、プロへの道が開けていくのです。

竹早高校に見る、山下達郎の「幻影」


【調査結果】池袋は「総菜」「弁当」の売上がもっとも高いエリアって本当? ランキングを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191004_toshima_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191004_toshima_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191004_toshima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191004_toshima_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191004_toshima_03-150x150.jpg

New Article

新着記事