業界初、都内カプセルであの経済番組が見放題に! その試みとは

2019年2月25日

ライフ
ULM編集部

カプセルホテル「安心お宿」がホテル業界初となる、あの経済番組の無料視聴サービスを始めました。いったいなぜでしょうか。


「就寝までワクワクしてほしい」

 都内にカプセルホテル「安心お宿」を展開するサンザ(新宿区歌舞伎町)が2019年2月8日(金)、「テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD)」の無料視聴サービスを始めました。ホテル業界初となる試みです。

「安心お宿」のウェブサイト(画像:サンザ)

「BOD」は、テレビ東京(港区六本木)の経済番組を視聴できる会員制有料動画配信サービス。サービス開始は2013年3月で、2018年11月には有料会員数が7万人(個人)を突破しました。同年12月時点の配信番組は、次のとおりです。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」(毎週月曜~金曜:23時)
「News モーニングサテライト」(同:朝5時45分/同時生配信も)
「ガイアの夜明け」(毎週火曜:22時)
「カンブリア宮殿」(毎週木曜:同)
「未来世紀ジパング」(毎週月曜:同)
「日経プラス10」(毎週月曜~金曜:同。BSテレビ東京)など

「BOD」のウェブサイト(画像:テレビ東京)

 導入店舗は、新橋駅前店や新橋汐留店、秋葉原電気街店、新宿駅前店、荻窪店、京都四条烏丸店の全6店舗。30代から50代までのビジネスパーソンが中心で、年間約26万人が利用する都内5店舗は、その70%が出張者です。

サービスの手順(画像:サンザ)

「安心お宿」はタブレットの無料貸出も行っています。「BOD」導入の背景について、サンザ担当者はこう話します。

「『WBS』や『ガイアの夜明け』など、ビジネスパーソンが好む人気番組を取り揃えているためです。『安心お宿』はラウンジに置かれた経済誌の需要も元々高かった。カプセルホテルは1部屋にひとりしか泊まれない、言うなれば『究極のおひとりさまサービス』事業です。だからこそ、就寝までワクワクする無料コンテンツを提供していきたいと考えました」

法人向けサービスとしての経済番組

「BOD」のサプライヤーサイドの企業は、今回の試みがホテル業界初となったことについて、次のように話します。

「『安心お宿』の利用者とサービスのターゲットが一致しており、法人向けサービスを始めたばかりで、その先駆けとして導入させていただきました」

ビジネスパーソンにとって経済ニュースは必須(画像:写真AC)

 サンザは競争の激しい都内ホテルマーケットにおいて、今後、客室稼働率を高めるのではなく、既存顧客の顧客満足度を高めることで、「あえて泊まりたいカプセルホテル」を目指す方針です。


この記事の画像をまとめて見る(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/02/190206_tereto_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_tereto_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_tereto_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190206_tereto_04-150x150.jpg

New Article

新着記事