赤羽に飽きたら、次は「十条」? 商店街の惣菜は激安・激ウマ 1個10円のチキンボールに酔え

テレビドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」や乗り入れ路線や商店街の利便性、安い居酒屋などで一躍人気の場所になった北区赤羽。現在ではそんな赤羽を後にして、十条に流れる人が増えていると言います。ルポライターで著作家の昼間たかしさんが解説します。


赤羽からの「避難民」が集まる街

 朝から営業している居酒屋や味のある飲み屋などがさまざまなメディアで取り上げられて、北区の赤羽は今や多くの人が足を運ぶ観光地となりました。

 かつては地元民しかいなかった街は、一見さんだらけです。どこの店も観光客がいっぱいで、地元民の姿は減ってしまいました。そんな彼らは、いったいどこに「避難」しているのでしょうか。少し尋ねてみると、こんな話が聞けました。

「最近は、もっぱら十条だね」

十条駅の外観(画像:写真AC)

 十条は赤羽より駅でひとつ池袋寄りの場所に位置しています。同エリアの中心的な商店街は埼京線の西側、駅前ロータリーから広がる十条銀座商店街です。北区最大のアーケードという「微妙な最大感」を誇る商店街は、東・西・中央の3つのメインストリートと約200軒の店舗から成っています。

 さらに周辺に存在する十条仲通り商店街、富士見銀座商店街、十条中央商店街を加えると店舗数は500軒くらいになります。埼京線オンリーの停車駅しかないため、十条は決してターミナル的な場所ではありません。そのようなことからも、商店街の活気は十条の地域住民よって成立していることがわかります。

激安商店街 女子大学生も行列に並ぶ


【写真】懐かしい、そしてなぜか落ち着く……都内にある路地裏の風景(11枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_jujo_03-150x150.jpg

New Article

新着記事