世の中は「解釈」次第でいかようにもなる 古きドイツの知恵がネガティブ感情を生きる力に変える

一般的にネガティブな意味で受け取られがちな、イライラや怒り、悲しみといった「負の感情」。しかし物事はそう簡単ではないようです。哲学ライターの西宮ゆかりさんがドイツの哲学者・フリードリヒ・ニーチェの言葉を引用して解説します。


「恐怖心の正体は自分の心のありようだ」

 日常生活の中でイライラや怒り、悲しみ、落ち込みといった「負の感情」が湧き、つい自分を責めてしまうことがありませんか。そのようなとき、さまざまな視点を持つことが必要です。それすれば、自分自身の考え方を変えることができます。今回はドイツの哲学者であるフリードリヒ・ニーチェ(1844~1900年)の知恵を少し借りて、そういった視点を5つご紹介します。

苦悩のイメージ(画像:写真AC)

1.善悪の判断をしない
 人間は自分自身の感情を変えることはできません。しかし、「善悪の判断」自体は変えられます。なぜかとういうと、自然に湧き上がる感情に対して「善悪の判断」を下しているのは、言うまでもなく自分自身だからです。

 ニーチェは『たわむれ、たばかり、意趣ばらし』の中で、物事はどのようにでも解釈でき、解釈するのは結局自分であることを指摘しています。「負の感情 = 悪」と捉えてしまうと、焦りや嫉妬、自己嫌悪、自己否定、自己憐憫……といった余計な感情や考えが入り混じり、物事を冷静に判断することができなくなります。物事を冷静に見るために、まず善悪の判断を止めましょう。

2.「ダメな自分が怖い」恐怖心への対処
 そもそも自分を責める人は、自分が弱く、ダメな人間であることに恐怖を抱いている人とも言えます。弱くてダメな自分が怖いから、自分を責めることで奮い立たせているのです。ニーチェは『曙光(しょこう)』の中で、「恐怖心の正体は自分の心のありようだ」と言っています。つまり恐怖心を生んだのは他でもない、自分自身ということです。裏を返せば、そんな恐怖心を生んだ自分を変えられるのも、また自分自身といえます。自分で自分の心を変える意志を持ち、捉え方を変えるようにしてみましょう。

「自分の『なぜ』を知れば道が見える」


【結果発表】悩み過ぎて、髪の毛大丈夫?「全国薄毛リスク調査2019」、日本のヘアケア事情は危機的状況に

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190820_nietzsche_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画