パリピからリア充へ? 初登院日の「国会正門前」が映し出す、政治家たちの七変化

時代ごとの価値観やライフスタイルは、街角や一般人にだけ映し出されるわけではありません。国の代表である議員にも当然、影響します。


初登院日の国会正門前は、お祝いムード

 2019年7月21日(日)に投開票された参議院議員選挙で当選した議員たちは、8月1日に初登院日を迎えました。今回の参院選は投票率が48.8%と低く、政治への関心が薄くなっていることがわかります。

 政治は難しく縁が遠い。そして政治家には近寄りがたいというイメージを抱く人も少なくありません。

 しかし、政治は私たちと隔絶された遠い世界の話ではありません。政治家たちも、私たちと同じように暮らしています。私たちの困り事は、議員にも解決しなければならない社会の課題です。

2010年参議院選挙後の初登院日。激しい雨の中、元女優のオーラを発しながら現れた三原じゅん子議員(画像:小川裕夫)

 政治家たちの人間味をもっとも垣間見ることができるのは、選挙後の初登院日です。近寄りがたく、どことなく一般の感覚からズレているようにも思える政治家も、やはり人の子です。当選した喜びは何事にも代えがたく、初登院日にはそれまで見たこともないようなテンションでハシャぐ議員も少なくありません。

 国会議事堂(千代田区永田町)の正門は、朝8時に開きます。初登院日は政治家もマスコミも、そして支援者も正門前に早朝から集結します。初当選議員たちは、一番乗りを果たそうとして、特に張り切ります。そのため、かなり早い時間から正門前で待機していることも珍しくありません。

 千代田線・丸ノ内線には「国会議事堂前」という、その名もズバリの駅があります。しかし、国会議事堂前駅は警備の関係から出口通路の配線が考慮されており、正門前に出る構造にはなっていません。国会正門前にアクセスするには、有楽町線の桜田門駅からの方が早道です。

 初登院日の国会正門前は、当選議員たちが政治家としての第一歩を踏み出すわけですから、周囲はお祝いムードに沸いています。

 2010(平成22)年の様子と今回の参院選後の様子を比べてみると、時代の流れを感じ取ることができます。

 参院選の全国比例は日本全国を選挙区とするため、知名度が何よりもモノを言います。そのため、参院選は芸能人やスポーツ選手といった顔の売れている有名人が多く出馬する傾向が根強くあります。

選挙戦で、弱まるテレビの訴求力


【写真】今回の初登院日、朝8時の国会議事堂前の様子を見る?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190806_senkyo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190806_senkyo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190806_senkyo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190806_senkyo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190806_senkyo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190806_senkyo_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly