江戸文化が東京とつながる! 夏祭り「大手町縁日 令和元年」開催 8日から

2019年8月1日

イベント
ULM編集部

恒例となった「大手町・丸の内・有楽町 夏祭り2019」の一環である、「大手町縁日 令和元年」が8月8日(木)と9日(金)に開催されます。今年は「江戸と東京が融合する大手町の夏の夜」をコンセプトに、子どもから大人まで楽しめるコンテンツを多数用意。江戸伝統芸能の披露も目玉となっています。


昨年は1日で1万人来場、今年は2日間開催

 大手町地区恒例の夏祭り「大手町縁日 令和元年」が8月8日(木)と9日(金)に開催されます。

大手町縁日での金魚すくいイメージ(画像:三菱地所プロパティマネジメント)

「大手町・丸の内・有楽町 夏祭り2019」の一環である大手町縁日は、「大人も楽しめる縁日」をテーマに2015年に初開催。年を追うごとに盛り上がりをみせ、昨年は約1万人が来場しました。過去3回は1日のみの開催でしたが、今年は2日間に渡って催されます。

 今回のコンセプトは「江戸と東京が融合する大手町の夏の夜」。金魚すくいが楽しめる約25mの水槽付きカウンター、昔懐かしい射的や型抜きの屋台、大手町フィナンシャルシティの飲食店舗によるフード屋台、ワークショップ、伝統芸能の実演など、東京と江戸が融合した夏の夜のひとときを楽しめます。

 前夜祭にあたる8月8日(木)は、「神田囃子泉笑會(かんだばやしせんしょうかい)」による囃子演奏や獅子舞パフォーマンスが披露されます。神田囃子泉笑會は、江戸時代(享保年間)より続く神田囃子を継承すべく、1974(昭和49)年に発足した地元有志の会で、19時と19時45分からの2回公演です。

 本祭の8月9日(金)は、「大手町縁日恒例 “すくい遊び” カウンター」「射的、型抜き遊び屋台」「フード・ドリンク屋台」「ウォータースティックライトワークショップ」などが登場。「フード・ドリンク屋台」には、大手町フィナンシャルシティ内の3店舗「ビストロ石川亭」「Take a Break」「魚がし日本一」が出店します。

「ウォータースティックライトワークショップ」は、カラフルなビーズやラメが、キラキラと水の中を動くスティックライトの制作体験ができるもの。独自の組み合わせにより、世界にひとつだけのスティックライトが作れます。参加対象は、8月5日(月)から9日(金)までの期間に、大手町フィナンシャルシティで合計2000円以上の買い物をしたレシート持参者となります。

 また、9日に限り、大手町フィナンシャルシティ サウスタワー5階の東京金融ビレッジ会議室で、浴衣を持ってきた人へ無料着付けサービスが実施されます。

「星のや東京」と初コラボ、江戸の遊びと芸能を楽しんで


【写真】1万人が来場した昨年の大手町縁日の模様(7枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190730_ootemachi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190730_ootemachi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190730_ootemachi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190730_ootemachi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190730_ootemachi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190730_ootemachi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190730_ootemachi_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly