1000年も前の作品に出会える! 映画『時かけ』が教えてくれた「博物館」という名の奇跡について

当たり前のように存在している「博物館」は、実は“奇跡”を集積したような場所――。その偉大さを教えてくれた映画『時をかける少女』を下地に、チアライターの成田愛恵さんが東京国立博物館の歴史をたどります。


15年たっても変わらぬ魅力、映画「時かけ」

 平成の大ヒットアニメ映画『時をかける少女』(2006年、細田守監督)。高校生3人が夏の青空の下、放課後に野球を楽しんだり、突然の小テストに一喜一憂したりと青春が満載の映画です。

 映画の中には実在する場所をモデルにした風景がたくさん出てきます。なかでも鍵となる場所に「東京国立博物館」があります。いったいどんなところなのでしょうか。劇中のセリフも交えながら博物館について学んでみましょう。

※本記事はネタバレを含みます。

「未来で待ってる」――同作のあらすじ

『時をかける少女』は筒井康隆氏が執筆したSF小説が原作のアニメ映画です。高校生3人のひと夏の友情と恋を描いた本作は、公開から15年がたった2021年現在も多くのファンに愛されています。

映画「時かけ」の重要な舞台として描かれた、東京国立博物館(画像:写真AC)

 物語は夏のある日、高校2年生の紺野真琴が理科実験室で転倒、落ちていたクルミを割ってしまい過去に戻る力「タイムリープ」を手に入れるところから始まります。

 過去に戻れるようになったことに気がついた真琴。最初は妹に食べられてしまったプリンを食べたり、何度も友人の間宮千昭、津田功介に野球のスーパープレーを見せつけたりと無邪気に楽しんでいました。

 しかしタイムリープの能力を使い切った直後、津田功介と後輩がブレーキが壊れた真琴の自転車に乗り電車と接触しそうになります。時を戻すことができず、必死に自転車を追いかける真琴。ふたりが宙に投げ出されたそのとき、突然時が止まります。

 間宮千昭によるタイムリープです。実は千昭は未来からやってきた人物で、クルミは千昭がタイムリープのために未来から持ってきたが紛失していたというものでした。

 千昭は過去の人間にタイムリープの存在を知られてはいけないという決まりを破ったため、真琴に別れを告げ姿を消しました。

鍵となるコレクションがある「東京国立博物館」


【画像】東京国立博物館の「国宝」を見る(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210921_tokikake_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210921_tokikake_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210921_tokikake_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210921_tokikake_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210921_tokikake_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210921_tokikake_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210921_tokikake_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210921_tokikake_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210921_tokikake_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画