80~90年代のクリスマスソングは、なぜ私たちの胸を強く締め付けるのか?

今も歌い継がれるクリスマス定番ソングの数々。そこに映し出される当時の東京や日本の風景、若者たちの恋愛模様について、社会学者の太田省一さんがロマンチックに語ります。


「クリスマス・イブ」34年にわたる超ロングヒット

 クリスマスに、クリスマスソングはつきもの。そしてクリスマスソングは、印象的なCMやドラマによっていっそう記憶に残るものになります。ここではクリスマスソングが次々と大ヒットとなった1980年代後半から1990年代前半に話を絞って、そこに映し出された東京やそこに生きる若者たちの姿を見ていきたいと思います。

 つい先日、こんなニュースがありました。山下達郎「クリスマス・イブ」(1983年発売)が2019年12月23日付オリコン週間シングルランキングで17位となり、1987(昭和62)年以来続いている週間トップ100入り記録を34年に更新したというものです。

「クリスマス・イブ」がここまでのロングセラーになったきっかけは、1988年から1992(平成4)年にかけて制作されたJR東海「クリスマス・エクスプレス」のCM音楽になったことでした。遠距離恋愛のカップルを描いたこの連作CMは大変な評判になり、「クリスマス・イブ」もクリスマスの定番中の定番曲となりました。

 なかでも有名なのは、牧瀬里穂が出演した1989年のバージョンでしょう。

「日本映画専門チャンネル」で特集が組まれるほど人気のJR東海「クリスマス・エクスプレス」CM集(画像:東海旅客鉄道、日本映画専門チャンネルホームページ)

 彼が東京から戻ってくるのでしょうか。プレゼントを抱えながら、新幹線の改札へと息を切らしながら急ぐ牧瀬里穂。ようやく間に合い、改札を通る彼の姿を見つけます。しかし彼女は駆け寄ることなく、近くの柱の陰に隠れます。彼を驚かそうとしたのです。目をつぶり、深呼吸をする牧瀬里穂から思わずこぼれる笑み。うれしさとドキドキ感がこちらまで伝わってくるようです。

 時はバブル。クリスマスといえば恋愛中のカップルが主役という時代の到来でした。東京などでは、クリスマスのために1年前から高級ホテルを予約するのが当たり前とまで言われていました。「クリスマス・イブ」は、松任谷由実「恋人がサンタクロース」(1980年発売)と並び、そんな時代の代表曲と言えます。

映像世界との融合が音楽に宿した、より深い物語性


【緊急世論調査】今や「クリぼっち」もメジャーに……あなたはクリスマスが楽しみですか? それとも?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/19121_xmas_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画