東京はなぜ「怪談」イベントが盛んなのか? トークライブからツアーまで、その最前線に迫る

根強い人気を誇る「怪談」。近年では、怪談ライブやツアーも数多く開催されています。怪談が娯楽コンテンツとして注目を集め続ける背景には、どのような理由があるのでしょうか。レジャー市場の調査分析を行う文殊リサーチワークスの中村圭さんが解説します。


怪談ブームの変遷

 近年、都内で怪談ライブや怪談ツアーが増加しています。2019年も7月に入るとさまざまなライブやツアーが開催されます。

怪談人気は根強い。写真はイメージ(画像:写真AC)

 怪談は古くから存在しているコンテンツで、江戸時代には落語や講談などでさまざまな演目が登場し、庶民の身近なエンターテインメントとして定着してきました。古典怪談は現在も変わらず根強い人気があります。

 近年の新しい流れとして1990年代から身近でリアルな怪異体験を扱った怪談が多く現れ、『新耳袋 現代百物語』(木原浩勝・中山市朗、角川書店)シリーズや『「超」怖い話』(加藤一他、竹書房)シリーズなどの怪談本が人気となり、これらの怪談を総称して「実話怪談」と呼ばれるカテゴリーが確立されました。

 2000年代からはインターネットの普及に伴い、怪談や心霊スポットをまとめた個人サイトが数多く登場し、都市伝説のブームとも重複して拡大していきました。いわゆる怪談ブームの到来です。

 2010年前後には「ねとらじ」などのインターネットラジオやYouTube Live、ニコニコ生放送などで怪談を語る怪談ラジオが多数放送され、怪談ラジオで人気を得たネットDJが中心となってリアルで怪談オフ会、百物語会を行うようになりました。

 また深夜放送や地方局での怪談番組で怪談を語る「怪談師」が登場し、怪談バブルと呼ばれる時代を迎えます。

「自分も体験するかも」、短くて身近な実録怪談が人気

 今人気のある実話怪談は、自分もしくは友人・家族・同僚など実在する人物の実際の体験(フェイクも含む)を題材にしたもので、夜寝ている時、仕事・学校の帰り道、エレベーターの中、トイレの中など、ありふれた日常空間が舞台になっています。

 そのため自分も同じような体験をするかもしれないという臨場感があり、恐怖が日常生活まで持続する効果があります。

 また、怪異体験自体に興味を持たれているわけで、小説のように文学的な文脈が必ずしも必要とはされず、比較的誰でも投稿しやすく、参加の敷居が低くなっています。そのためネット上では次から次に新しいコンテンツが供給されている状況です。

 短いストーリーが多いことからちょっとした時間で気軽に楽しめることも魅力で、比較的客層を選ばないこともあって、怪談本は駅の売店やコンビニなど書籍の販売スペースが限られる店舗でも数冊陳列されています。

 身近で手軽に楽しめる機会が多いといえるでしょう。このような状況から、コアファンからライトファンまで怪談のファンは裾野が広がり拡大しています。

都内で続々開催される怪談ライブ


【図で分かる】怪談コンテンツが拡大していく仕組み

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190624_kaidan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_kaidan_01_-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_kaidan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190624_kaidan_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画