五輪中なのに外出自粛……在宅ばかりの30代男性が、夜な夜な「ベランダ」でしているコトとは

東京で暮らし、働く男性たちは、日々何を見て何を思いながら過ごしているのでしょう。イラストレーターでライターのズズズ(zzz)さんが、自身の「何でもない今日」をイラストともに切り取ります。今回のテーマは「夜のベランダ」。


道路を見下ろすと仕事帰りの会社員が

 お風呂上り、ベランダを吹き抜ける夜風が心地良い。

 住宅街の明かりが点々と灯っていて、手すりにつかまって足元の道路を見下ろすと仕事帰りの会社員が歩いています。夜空を見上げるとどんよりと重たい雲の間からたまにまん丸い月が見えます。

ベランダに出てみる。東京も夜の住宅街はしんと静まり返っている(画像:ズズズさん制作)

 57年ぶりのオリンピック開催で沸く東京。とはいえ新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が呼び掛けられていたり、オリンピック自体が無観客開催になったりで、開会中の今も自宅で過ごす時間の方が長いという都民は多いかもしれません。

 気晴らしで街へ出る代わりに最近は、自宅マンションのベランダで過ごす時間が増えました。ベランダはほんの1畳くらいの広さで、室外機の他にはキャンプ道具を収納している大型のボックスがあるのみです。

 2020年春の本格的な感染拡大と外出自粛要請に伴い、周りではベランダで過ごす時間を充実させようと椅子や机を置いたり、照明の装飾を施したり、はたまたベランダ菜園に挑戦したりとベランダ活用の話を聞くようになりました。

 しかし、私は細かいことには向いていないので質素です。

ベランダで非日常を感じるワケ


【チェック】おうち時間に飽き飽きした人たちが、密かに行っているコトとは

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画