フリーダムすぎる子どもにてんてこ舞い! 3児ママライターが語る、外出時の「ヒヤリ」体験と、私を支えた格言

1年365日休みのない子育て。特に未就学児といっしょに外出したときは大変です。3児のママライター・宮野茉莉子さんが自身の経験を基に、解説します。


子どもにとって、世の中はすべてが「オモチャ」

 筆者は、2歳から小学生までの子ども3人の母親です。そんな筆者は子どもを産んでから外出時、街なかの危険によく気が付くようになりました。

子どもは「社会」で育てるもの(画像:写真AC)

 石があれば拾い、段差があればジャンプする――。子どもにとって、外出時はすべてのものが「オモチャ」となります。自動ドアやエレベーターのボタン、病院等の入口に置かれているアルコールスプレーも同様です。

 エレベーターのボタンを見つければ、子どもたちはどうしても「自分で」押したがります。うっかり親が押せば泣いて怒ったり、兄弟がいれば、「誰がボタンを押すか」を争ったりするのです。一番最初にボタンを押せなかった子は大泣きして、ボタンを押すまでその場を動かないということもしばしばです。

 そんなとき、筆者は周囲に謝ったり、抱き抱えてその場を離れたりしますが、温かい笑顔で見守ってくれる人々も大勢います。筆者はそのような人たちに助けられています。

「我慢できない」と知らなかった産前の私

 皆さん誰しも、スーパーで大の字に寝転がり、大泣きする子どもを見たことがあるでしょう。わが家では、ヤンチャで感情表現がストレートな次男が2歳のとき、3回ほど大泣きしたことがあります。

 2歳は「イヤイヤ期」といわれる第一次反抗期です。自我が芽生える一方、脳が未発達なためガマンができないのです。筆者がそのことを知ったのは、子育てを始めてから。産前は「親だったら、簡単に泣き止ますことができるはず」と軽く思っていました。

 そのような光景を見られて、「ビシッと叱ってやれ!」と高齢の男性に怒られたことがあります。しかし筆者は、それまでの「イヤイヤ」対応の経験上、「下手に刺激をすれば、次男はさらに大騒ぎする」と分かっていました。また当時は、筆者ひとりで子ども3人を連れ、抱っこ紐には0歳の末っ子。大暴れする子を抱いたら末っ子がケガをするかも、という不安もありました。

 心の中は焦りでいっぱいでした。そんなとき、別の女性が「何か自分(次男)でやりたいことがあったのかな?」と声をかけてくれ、「イヤイヤ期」を分かってくれる人がいるとホッとしたのを覚えています。

「ママひとり+未就学児ふたり連れ」でヒヤリ多発


【データで知る】ママのホンネ調査。「子ども優先」の裏に、深刻な悩みがあった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190723_damono_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly