今日は「おにぎりの日」 コンビニ人気調査 鮭、梅、昆布、1位は……?

2019年6月18日

ライフ
ULM編集部

おにぎり協会は6月18日の「おにぎりの日」に合わせ、コンビニおにぎりの人気調査を実施。「ツナマヨ」系おにぎりが人気ナンバーワンだったことが分かりました。


「ツナマヨ」系強し

 おにぎり協会(港区南青山)は6月18日の「おにぎりの日」に合わせ、コンビニ大手4社を対象におにぎり製品の人気調査を実施。対象の全社で「ツナマヨ」系おにぎりが人気ナンバーワンだったことが分かりました。

各社の人気おにぎり(画像:おにぎり協会)

 調査期間は2018年4月から2019年3月まで、対象企業はセブン‐イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソンです。

 今回の調査で、各社ともに「ツナマヨ」「鮭」「梅」「昆布」などの定番おにぎりに力を入れていることが判明。その中でも「ツナマヨ」系おにぎりが、2018年度の人気ランキングで1位を獲得しました。

 今回の結果を受け、各社は次のコメントを寄せています。

・定番商品、特に品質を追求している手巻きタイプのおにぎりが伸長しました(セブン‐イレブン)
・定番おにぎりはリピーターの多い商品ですので、よりごはんに合う味や食感などに拘って研究していきます(ファミリーマート)
・定番商品をさらにおいしく、値ごろ感で販売継続していきます(ミニストップ)

 各社ともに、価格や具材、調理法から見直し、定番おにぎりの品質をさらに高め、販売する動きが見られました。2018年のトレンドだった健康志向おにぎりも、各社継続して取り組んでいます。

 セブン‐イレブンは、健康米を使った「もち麦おむすび」シリーズが定着し、販売が伸長。ファミリーマートは、2018年度から展開している「スーパー大麦」シリーズで「梅ゆかり」が人気で、最近は女性だけでなく、男性にも購入者層が広がったといいます。

 2018年に発売された新作おにぎりは、セブン‐イレブンの「もち麦もっちり!焼肉ビビンバ」、ファミリーマートの「直巻 焼さば」や「スーパー大麦 梅ゆかり」、ミニストップの「鶏めし」など、バラエティ豊か。味や種類はほとんど被らず、各社とも独自性を持った新商品を展開していることが分かりました。

粒立ちが良くふんわりとした食感重視


ランクインしているおにぎり、見る?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190617_onigiri_01-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画