90年代、地方民は東京を目指したーーなぜなら「深夜アニメ」があったから

アニメファンにとって、今は定番となった「深夜アニメ」。その歴史について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


都会しか見られないアニメがあった

「東京じゃ、CMが全部動いているんだ!」

 かつて地方民が東京に憧れる重要な要素として、「テレビ番組が充実していること」が挙げられました。

 筆者(昼間たかし。ルポライター)が住んでいた岡山県は全国的にみればテレビ番組に恵まれていた土地でした。なぜなら筆者が小学生だった1985(昭和60)年10月にテレビ東京系列の「テレビせとうち」が開局し、地方であるにもかかわらずテレビの系列がすべてそろっていたからです。

 それでも、上京したときには東京のテレビに驚きました。もっとも衝撃的だったのは、すべてのコマーシャルが「動いていた」からです。今は地方局でも見なくなりましたが、かつては静止画にナレーションを使ったローカル企業・店舗のCMがざらにあったのです。

 しかしそんなものは存在しないとばかりに動きまくる東京のテレビには、心底すごいと思ったものです。

 東京のテレビがうらやましかった過去から連綿と続く地方在住者の声をより濃厚に感じるようになったのは、20世紀が終わる頃でした。

 その頃、急増していたのは深夜アニメでした。そう、まだ現在のように配信サービスが充実しておらず、都会でなければ見られないアニメがたくさんあることが、地方のアニメファンたちにとって、東京への憧れとなっていました。もちろんセルやレンタルビデオは当時もありましたが、この「タイムラグ」は容認できないものだったのです。

深夜アニメを加速させた「エヴァ」


【ランキング】週に100本以上見るアニメウォッチャー・小新井涼さんが選んだ「2020年版泣けるアニメTOP10」とは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/200410_anime_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_anime_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_anime_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_anime_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/200410_anime_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画