子どもを3人産んだ私は「桜田発言」に怒りつつも、「家族」という特殊さを改めて感じた

桜田前大臣の「子どもを最低3人産んで」という発言に、批判が集まっています。実際に3人の子どもを育てるライター 宮野茉莉子さんは、今回の発言をどのように受け止めたのでしょうか。


「子ども最低3人産んで」発言を受けて

「お子さん、お孫さんには子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」

 自民党の桜田義孝前オリンピック・パラリンピック担当大臣が5月29日(水)、千葉市内で開かれた党所属議員のパーティーで発言した内容が、批判を集めています。

「3人産んで」発言の問題点は何か(画像:写真AC)

 SNS上などでは「時代錯誤」「女性軽視」「まず安心して子ども3人産める環境を作って!」といった声が上がる一方、「(少子化対策としては)正論だと思う」「国を維持するには人口増やさないと」といった反応も見られます。

 実際に、小学生から未就園児まで、3人の子を育てる筆者。ひとり目の産後、子どもは3人欲しいと思いました。今では3人がキャッキャと遊ぶ様子を、ほほえましく眺める毎日。一方で今まで、友人に「子どもは3人産みなよ」と言ったことはありません。

 桜田氏の「3人産んで」発言と、それを問題視する報道を受けて、自身の3人子育てを振り返りました。

「仕事と看病」問題

 3人子育てを考える上で最も大きいのが、「仕事と看病」問題です。新卒で入社した会社を、転勤族の夫との結婚で退職した筆者。ひとり目の産後から、フリーランスで仕事をしています。

 先日の10連休のGW中、子どもひとりが胃腸炎で入院しました。その翌週、もうひとりに胃腸炎がうつり、翌々週もう1人に感染。3人目が治りかけ、「やっと看病が終わる」と思った矢先、今度は別の子が40度の発熱。数日経ってほかのふたりにも感染し、結局5月は丸々1か月間看病でした。

 フリーランスなので多少はスケジュールに融通がききます。それでもGWは仕事有り。取材はキャンセルせざるを得ず、締め切りを延ばしてもらいました。諸々の変更は響き、痛いもの。これが会社員だったら、有給もすべて使い切ったでしょう。

 子どもひとりでももちろん、子が増えるほど「看病と仕事」問題は避けて通れません。とはいえ3人分の教育費を考えれば、働かないという選択肢もわが家にはないのです。

物理的問題や、残る価値観もネックに


【出産意識調査2019】「二人目の壁」って本当に存在する? 結果はコチラ

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190531_unde_01-150x150.jpg

New Article

新着記事