お店みたいな「あんかけ焼きそば」って自宅で再現できる? 都内の町中華にコツを聞いてきた

町中華の人気メニュー・あんかけ焼きそば。その味を家で体験したい人のために、食べ歩き評論家の下関マグロさんが人気の町中華を取材、コツを聞いてきました。

/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_06.jpg
水新菜館の人気料理「あんかけ焼きそば」990円(税込み)。とにかく具材たっぷりで、食べごたえがある(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_07.jpg
水新菜館の人気料理「あんかけ焼きそば」990円(税込み)。とにかく具材たっぷりで、食べごたえがある(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_08.jpg
水新菜館のメニュー(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_09.jpg
「あんかけ焼きそば」に使う具材(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_10.jpg
「あんかけ焼きそば」を調理する様子(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_11.jpg
「あんかけ焼きそば」を調理する様子(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_12.jpg
プロはお玉だけできれいに盛り付ける。色のある具材を見える場所に置くのがポイント(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_13.jpg
右がマスターの寺田規行さん、左がチーフの若目田耕太郎さん(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_14.jpg
台東区浅草橋にある「水新菜館」(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_01.jpg
台東区浅草橋にある「水新菜館」(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_02.jpg
容器にあらかじめ用意された焼いた麺(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_03.jpg
水溶き片栗粉は一度に入れずに、様子を見ながら3回に分けて入れる。様子を見て固さが足りなければ、さらに水溶き片栗粉を追加する(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_04.jpg
皿に焼いた麺を置き、その上からあんをかけていく(画像:下関マグロ)
/wp-content/uploads/2021/10/211009_ankake_05.jpg
右がマスターの寺田規行さん、左がチーフの若目田耕太郎さん(画像:下関マグロ)

この画像の記事を読む

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画
×