亡き夫の味を守り継ぐ、女主人ぬくもりの一杯 神楽坂「五芳斉」のワンタンメン【連載】東京レッツラGOGO! マグロ飯(8)

都内散歩と食べ歩きにくわしいフリーライターの下関マグロさんが、都内一押しの「マグロ飯」を紹介します。


お昼時には行列が。お目当てはサービスメニュー

 町中華のなかには「未亡人中華」というジャンルがあります。もともとご夫婦で切り盛りしていたお店が、残念ながらご主人が他界され、残された奥さまだけで運営するようになった中華料理店のことです。

 こういうお店は意外に多く、たいていの場合はご夫婦時代よりもメニューを絞って、運営していることが多いですね。

 東京メトロ東西線の神楽坂駅と早稲田駅の間くらいの早稲田通り沿いに「五芳斉(ごほうさい)」はあります。住所でいえば、新宿区榎町。こちらは1950(昭和25)年、終戦の5年後に創業した老舗の町中華です。

デラックスワンタンメン。通常は850円だが、サービスメニューになっている場合は680円(画像:下関マグロ)

「主人の父親がここで創業し、亡くなった主人が2代目で私が3代目です」

と言うのは、森下よし枝さん。2代目であるご主人が亡くなったのは2010年。以来、厨房(ちゅうぼう)をひとりでこなしています。

 お昼時は行列ができるほどの人気店です。お客さんの多くが注文するのは、表に書かれているサービスメニューです。フロアの女性がきびきびと注文を取っています。

 食品サンプルの棚がありましたが、今ではほとんど置かれていません。ご夫婦時代からのメニューを今はやっていないからです。

やめたメニューも、増やしたメニューも


【画像】神楽坂の中華料理店「五芳斉」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/191226_magu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画