生き別れの妹に会いたい――東京でひとり願い続けて、突然姿を消した孤独な男性会社員の話

華やかできらびやかな街というイメージが強い東京。しかし、大通りから1本路地に入れば、そこには昔懐かしい住宅地が広がり、名も知らぬ人々がそれぞれの人生を生きています。今回紹介するのは、異国に暮らす生き別れの妹を思う男性の話です。

/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_04.jpg
日本郵船の移住者輸送(画像:国立国会図書館)
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_05.jpg
「サンパウロ」市移民収容所 植民寝室(画像:国立国会図書館)
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_06.jpg
サントスからの枢軸国民の強制立退きポルトガル語紙記事(画像:国立国会図書館)
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_07.jpg
典型的な成功者の邸宅(画像:国立国会図書館)
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_08.jpg
最後の移民船「にっぽん丸」(画像:国立国会図書館)
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_01.jpg
生き別れになった妹に会いたい――。そう願い、東京でひとり生きた男性の人生について(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_02.jpg
「10日ばかり休みたい」。会社にそう告げ、そのまま男性は東京から姿を消した(画像:写真AC)
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_03.jpg
1964年の東京五輪を控え、「金の卵」と呼ばれた若者たちが何人も降り立った東京・上野駅。その場所に、男性は自分自身を重ねていたのかもしれない(画像:写真AC)

この画像の記事を読む

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画