東京の歴史ある橋のたもとが必ず「広場」や「公園」になっているワケ

東京の栄えたエリアを散歩していると、橋のたもとに小さな公園や広場がよく設けられています。いったいなぜでしょうか。フリーライターの出島造さんが解説します。


「橋詰広場」とは何か

 東京の歴史あるエリアを散策していると、橋のたもとに小さな公園や広場が設けられているのをよく見ます。決まってその形は三角形や台形。このようなスペースは、一般的に「橋詰広場」と呼ばれます。

 橋詰広場は橋を建築する際、必然的に発生していました。江戸時代以前は橋を架ける際に費用を節約するため、両岸の土手部分を川に出っ張らせて橋を短くしたり、道路よりも橋の部分を狭くしたりすることが多く行われてきました。

 このため、両岸の橋のたもとには空きスペースができます。こうしてできたのが橋詰広場だったのです。

街の発展とともに利用形態も進化

 こうしてできた橋詰広場は公共のオープンスペースとして、さまざまな用途に利用されました。

橋のたもとにある都内の公園(画像:出島造)

 例えば、江戸時代初期の寛永年間に制作された『江戸図屏風(えどずびょうぶ)』では日本橋周辺の風景に橋詰広場が描かれています。ここでは、つじ説法や勧進をしている僧侶や大道芸人、そして高札場(こうさつば。幕府の政策や禁令などを掲示した施設)が描き込まれています。

 このことからも、大勢の人が行き交う橋詰広場は情報を知らせる場や、娯楽を楽しむ場として利用されていたことがわかります。

 橋詰広場の利用は、時代とともにさらに活発になります。

 江戸時代後期の天保(てんぽう)年間に刊行された『江戸名所図会』は、当時の江戸の姿を詳細な絵とともに記録した資料として知られています。

 そんな『江戸名所図会』の日本橋の様子を見ると、橋詰広場には高札場だけでなく、

・番屋(番人の詰めている小屋)
・半鐘(火事、天災、泥棒などを知らせるための鐘)

といった公共設備と並んで、

・床見世
・露店
・茶屋

なども軒を連ねています。

 橋は必然的に人が集まる場所ですから、江戸の街の発展とともに利用形態も進化していたことがわかります。

関東大震災後の復興計画で注目


【画像】都内の「橋詰広場」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210430_hiroba_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画